2007年03月31日

チーズペンネのお好み焼き(自炊)

少し気が抜けて、朝寝をした後、だらだらと仕事。次の仕事も入ったので、ゆっくり始める。外は選挙前ということで、近所の公園で演説をやっていたりと、ああ、うるさい。私の住んでいるところはいわゆる激戦区で、しかも今回は三つの選挙が同時に行われるから、何ともはや。音量測定器でもつけて、一番静かな候補に投票したいくらいだ・・・。


麺類が食べたくて、塩ラーメンをつくる。スープのベースは、昨日フキを炊いておいた和だし。麺を茹でて、味を調えたスープに投入し、具にフキと油揚げ(煮すぎてしょっぱくなってしまったが、具にはちょうどいいくらい)を乗せて食べた。実にあっさり。

昼(夕方)
ペンネのチーズクリームソース。お得意の、ブイトーニの冷凍食品。フライパンで温めるだけ。簡単。


お好み焼きが食べたいなあと、昼間から思っていた。キャベツもモヤシも玉子もある。昼に食べ残したチーズペンネもある。いいや、これ、全部混ぜちゃおう。だって、広島のお好み焼きには焼きそばが入るんだもの、別にパスタがお好み焼きに入っててもいいよね。
小麦粉をだしで溶いて、せん切りキャベツとモヤシ、ペンネ、玉子を入れてよくかき混ぜる。フライパンにあけて、上に豚肉を広げ、ひっくり返して焼いた。ソースはおたふくソースがあったので、それを使う。ペンネは熱が加わって、ふっくら柔らかくなっていた。チーズの風味もしっかり残っていて、不思議なお味。キャベツとは合うと思うけど、モヤシと合うかどうかは・・・?
posted by ルイ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

葉ニンニク入りハンバーグ(自炊)

なかなか熱が下がらない連れ。昼間はずっと寝たり起きたりという感じだったが、夜になると熱も下がり、少し元気が出てきたようだ。幸い食欲はあるみたいなので、たくさん食べてもらう。夕食はハンバーグに決めていたが、タマネギを炒めるのが面倒くさくて、葉ニンニクを使ってみることに。さて、うまくいくだろうか。


連れはお茶漬けであっさりと。私はチャーハンの残り、スープの残りを食べてしまう。


ご飯、焼鮭、マイタケと水菜とベーコンのスープ(薄いおだしを使って、あっさりとつくる)、なめ茸。鮭の塩が効いてて、美味しい。

おやつ
チチヤスいちごヨーグルト。連れは甘いヨーグルトが嫌いで、プレーンヨーグルトをがつがつ食べていた。そのほか、のど飴をなめたり、お茶とおせんべいを食べたり。


葉ニンニク入りハンバーグ。生協で購入した葉ニンニクの、根に近い白い部分(長ネギみたい)を細かく刻んで、合い挽き肉に混ぜ込んでみた。結構たっぷりと、存在感も香りも強い。玉子、塩コショウ、片栗粉、パン粉でつないで、ハンバーグにしてフライパンで焼く。途中、日本酒を少々回し掛けてふたをし、蒸し焼きに。うん、ハンバーグというよりは、和風のつくね団子のような感じに仕上がった。ソースはフライパンの残り汁にしょう油と日本酒を加えて軽く煮立たせたもの。ご飯に合って、ニンニク好きは喜んで食べると思う。連れには大好評だった。一般受けするかどうかは・・・?
そのほか、縮みほうれん草のバターソテー、ほうれん草の茎と鶏肉のスープ、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

あっさりちゃんぽん(自炊)

連れは朝5時半出発、日帰りで奈良に往復。お疲れさまです。私はのんびりと在宅仕事。
10時前に帰ってきた連れ、「関節が痛い」と、赤い顔をしてふらふらしている。熱を測らせたら38度、いかーん! 結婚して3年経つが、連れが風邪でダウンするなんて初めてのことかもしれない。あわてて水分をたくさん取らせ、早めに別の部屋で寝てもらう。いや、心配なのもあるけれど、もし私に移ったら命にかかわるし(オイ)。


おせんべい、りんごカル。うーん、眠い。目が覚めないなあ。


ガーリックチャーハン。冷やご飯が多めに残っていたので、パワーを出そうと作成。ニンニクのしょう油漬けを刻んで投入。具はほかに玉子、青ネギ、ベーコンを入れ、味付けはニンニクじょう油。パワーはつきそうだが・・・。


ちゃんぽん。ちゃんぽん麺が1玉残っていたので、それを食べてしまおう。具には冷凍のシーフードミックス(イカ、ホタテ、エビ)、練り物(レンコン天)、キャベツ、タマネギ、エリンギを炒め合わせ、そして水菜を仕上げに入れる。
ところが、ちゃんぽん用のスープが残っていたかと思っていたのに、見あたらない。仕方ない。別鍋でチキンスープを沸かし、具を炒めたところにジューッと注いだ。やっぱり白濁度が足らず、やや茶色のあっさりスープになった。塩コショウとしょう油で味付け。お味はなかなか美味しいのだが。
帰宅した連れは「食欲がない」とか言いつつ、このちゃんぽんのスープだけ「美味しい」と言って飲んでいた。熱が出ても、食べ物が口にできるならよかった。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

アボカドとマグロのタルタル風(自炊)

さあ、今日からまた在宅仕事。年度末はどこも忙しい。晴れていたので、掃除、洗濯なども。食事はあるもので、適当に。
連れは仕事で飲み会、何だか疲れたことがあった様子で、ちょっと弱っている。明日は日帰りで関西に往復だとか、お疲れさまです・・・。


ご飯、野菜の味噌汁の残り。野菜たっぷり。


アボカドとマグロのタルタル風。刻んだアボカド、マグロすきみ(ネギトロ丼用のやつ)、みじん切りのタマネギ、かつお節、すりゴマを合わせて、和風ドレッシング(しょう油ベース)で和える。タマネギが入ると和洋折衷な感じ。
ご飯が少し残っていたので、手巻き寿司にしてみる。うーん、きちんと寿司飯にすればよかった。


アボカドサラダの残り、おはぎの残り、茹でアスパラなどをつまんで、片付ける。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

ジャガイモゴロゴロカレー(自炊)

春のような一日。無事、納品も終わり、ひたすらゴロゴロ。昨夜は夜更かししたせいか、とにかく眠い。こたつでゴロゴロばかり、今日の私の生活は人間というより飼い猫に近い気がする。情けない。
夕食も簡単に、カレーにしよう。こちらも野菜ゴロゴロのカレー。


ご飯にスープの残り。油淋鶏は昼ご飯用に残しておいた。


ネギ焼きそば。白髪ネギの残りとモヤシを具に炒めた塩味の焼きそば。ユーリンチーの肉も刻んで入れる。


ここ数日の暖かさのせいか、買い置きしていたジャガイモ(北あかり。ホクホクしていて旨い)に少し芽が出ている。まずい、食べちゃわないと。ということで、今日はお芋がごろっと入ったカレー。実は私、カレーはどちらかというとサラサラ派で、いわゆるおうちのカレーはつくるのも久しぶり。
時間がなく、まずはタマネギとニンニクを炒めて圧力鍋に移し、皮をむいて大ぶりに切ったジャガイモ、ニンジンを入れ、ひたひたの水を注いでふたをし、火にかける。加圧7分、自然減圧・・・だとちょっと加熱時間が長すぎたか、ジャガイモは大分とろけてしまった。ニンジンは良い感じ。これにカレー粉で炒めた鶏肉(今日はお手軽に、鶏むね肉のみじん切り)を加えて、火を止めてカレールウを入れて、味を調える。ルウにプラスしてカレー粉を使ったら、香りが高くて美味しい。
デザートに、パティスリーボンのチョコレートケーキ。連れが買ってきてくれたもの、ありがとう! 紅茶と一緒にいただく。ああ、リラックスタイム。
posted by ルイ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

ぴえんろ(自炊)

さあ、今日からまた在宅仕事。忙しいときは、食事も手軽な鍋が便利だ。ああ、この冬はまだ「ぴえんろ」をつくってないじゃないか。骨付き鶏もも肉はないが、鶏ガラならある。豚バラスライスはないけれど、昨日の豚しゃぶ用の肉ならある。あり合わせでつくってみるか、とチャレンジ。こんな邪道なつくりかたをしたら、友人CHOちゃん(=ぴえんろ伝道師)にしかられそうだが・・・勘弁してね。


チーズパスタの残り、鍋のスープの残り。


焼きそば。具はエビとニンジンとネギを入れた。エビ入りなので塩味にする。キャベツも入れたかった・・・。


ぴえんろ(白菜と豚バラ肉の重ね蒸し風鍋)。もともとは作家・妹尾河童氏の著作で紹介されていた料理。友人CHOちゃんが前につくりにきてくれたのをきっかけに、我が家でも時々つくるようになった。CHOちゃんのレシピはこちらのページに掲載されていますので、参考になさってください。
鶏もも肉のかわりに鶏ガラを入れ、豚バラ肉のかわりに豚しゃぶ用ロースを使い、白菜と重ね合わせていく。干しシイタケを、戻し汁と一緒に入れて、酒2カップ(多めがポイント)、さらに水をひたひたになる程度に加え、ふたをして40分。仕上げに戻しておいた緑豆春雨を入れ、ごま油をたらーりと。食べるときにも作法があり、椀にまず塩をとり、煮汁を少量とって塩を溶かして「たれ」にし、このたれに白菜その他をつけて食べる。
今日はあり合わせの食材でつくったので、油が少なめのあっさり味に仕上がった。鶏の肉の部分がないのが少し残念だったかも。でも、十分美味しい。体が温まる、冬にぴったりな鍋だ。
そのほか、エビとスナップエンドウの塩味炒め(シメジ入り)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

煮野菜のラーメン(自炊)

気合いを入れて在宅仕事を進めたため、少し疲れてしまい、食事は手抜きに。野菜だけはたっぷりあるので、インスタントラーメンに入れて食べる。なんだか鍋料理のようになってしまった。量が多くて一度に食べきれず、昼・夜の2回に分けて食べたが、さすがに夜は、スープを吸って麺がへにゃへにゃ。まるっきりジャンクフード、恥ずかしいごはんだなあ。とほほ。


ご飯にすき焼きの残りをかけて。豆腐が美味しい。一味唐辛子を散らしたら、さらに美味しい。


野菜入りラーメン。麺は生協の「味一番」白湯味。ノンフライ麺でしっかりしている。お湯をわかして、長ネギ、白菜、春菊をたっぷり。豚こま肉も入れて煮る。仕上げに溶き玉子も入れて。


ちょこまかと残ったもので済ませる。連れには、白菜とベーコンの重ね蒸し風スープ(洋風ぴえんろ)、スモークレバーとレタスのサラダ(スライスチーズも入れた)、ご飯、キムチ。
私はラーメンの残りをすすり(この食べかけは、さすがに連れには食べさせられない)、サラダをつまむ。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

豚バラ肉と白菜の鍋(自炊)

本当は出勤の予定だった連れが、なぜか「今日は休みになった」というので、朝からのんびり。午後、連れの父上が野菜を持ってきてくれることになり(いつもありがとうございます)、ついでに連れは運転の練習をするといって、父上と出かけていった。私はパソコンまわりの雑用作業をしたり録りためていたビデオを観たりと、のんびりな一日。


ご飯、シジミのおつゆ。


父上と一緒に、連れがむいてくれたリンゴや、せんべいやらチョコレートやら、お菓子を食べていたらお腹がふくれた。


豚バラ肉と白菜の鍋。本当は「ぴえんろ」が食べたいなあと思っているのだが、材料が揃わないので、あるもので寄せ鍋にした。昆布と削り節でだしをとって、大根とニンジン、白菜をたっぷり用意。豚バラ肉はかたまりを買ってきてくれていたので、包丁で薄く切り(とはいっても、技術的な関係で結果厚くなる・・・)、野菜と重ね合わせて鍋に入れる。これを30分ほど弱火で煮てできあがり。簡単。白菜は茎の部分を先に煮て、葉の部分はあとで追加。油揚げが少し残っていたので、おもちを入れて巾着にして一緒に煮た。連れはポン酢で食べていたが、私は、だしをきかせてポン酢を使わず塩味にしたほうが好き。豚バラの脂が強いけれども、あっさり白菜とよく合う。
そのほか、ご飯、千枚漬け。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

もつ鍋(自炊)

連れはまたまた午前休。ペーパードライバーの連れのおしりをたたき、久しぶりに車の運転の練習をしてもらう。バッテリーが上がっていたので(もう幾度目だろうか・・・)JAFを呼び、エンジンがかかったところで、駐車場で車庫入れの練習をし、近所の路地をぐるぐると、30分ほど周回。ああ、何事もなくてよかった。
その後、私はレンタルビデオ屋に行って帰宅。生協の受け取りをし、夜は借りてきたビデオを観ていたら、すっかり寝るのが遅くなってしまう。いかん。


水餃子スープの残り、ご飯、明太子。


しょう油ラーメン。生麺を茹でてつくるタイプ。具になるものがなくて困り、キャベツにソーセージなんか入れた。メンマ食べたいよう。


もつ鍋。もつは調理済みのものを生協で買った。何でもあるんで便利だなあ。スープは、和風だしをベースにした塩味。具は牛もつ(丸腸)、キャベツ、タマネギ、豆腐、ニラを入れて。家で食べるからいいやと、大好きなニンニクもたっぷり(ふたりで1個半入れた)。仕上げに粉唐辛子を振る。
スープの量はそこそこに、野菜を多めにするのがポイントかも。野菜の水気がお鍋を美味しくしてくれる。あと、唐辛子は今回、韓国産のを使ったが、これは辛さがマイルド過ぎたかも。もつ鍋に使うこしょう(唐辛子)は、鷹の爪の輪切りとか、いっそ思い切りカラーイほうが向いてるかもしれない。あと、ちゃんぽん麺を切らしていたのが痛恨。
私は味噌味とか、変わったところでキムチとか入れてもいいかと思ったが、根っからの福岡人の連れは「もつ鍋は、やっぱり塩・しょう油味」と主張していた。はあ、そうかね。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

キムチ雑炊(自炊)

この週末は滋賀県に出張の連れ。何でも、琵琶湖のほとりで結構寒いところらしい。しかも遠い。しかし、朝、1時間も寝坊してしまって、あわてて出ていった。大丈夫かなあ。
残された私は在宅仕事に精を出しつつ、土曜日は観たいテレビが多いので、夕方はダラダラと過ごす。食事もいいかげんで、ほとんどが残りもの。キムチとご飯があれば生きていけるかも。


連れが置いていったパンをかじる。「あんマーガリンコッペ」、コッペパンの中にあんことマーガリンがはさんであるもの。あまーい。


おでんの残り。具はほとんど食べてしまい、鍋には汁と大根が残るのみ。


キムチ雑炊。鶏ガラスープにご飯とキムチを入れ、ぐつぐつ煮て、溶き玉子でとじる。仕上げに青ネギを散らす。この雑炊は、おじやみたいに柔らかいほうが好きだなあ。普段は、雑炊はサラサラ派なんだけど。
そのほか、れんこんのきんぴら、おでんの厚揚げ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

もちつき(連れの実家にて)

昨日の疲れが出たのか、連れと二人で寝坊・・・。起きたら昼の12時半だった。やばい、13時過ぎには父上が迎えに来てしまう。今日は連れの実家で、もちつきなのである。あわてて準備をして出かけた。
もちつきと言っても、もちつき器でつくので、それほど大変ではない。要はつきあがったもちをちぎって丸めるのに人手が必要。でも、できたての柔らかいのをほおばる幸せといったら、たまらない。美味しいー。
夕食はお刺身をごちそうになり、満腹で送ってもらって帰宅。いつもありがとうございます。


パウンドケーキ、りんごカル(ジュース)。


あんころもち。おもちに入れるあんは、なるべく甘くつくると、外側のもちとの味の対比が美味しいそうだ。へえ。


お刺身。玄界灘の地物で、アジとサバを用意してくれていた。これに伊豆のワサビ(私のイトコのワサビ農家からの贈りもの)、大根サラダ(父上がつくった大根に、ワサビドレッシングをかけて食べた)、鮭の塩焼き、白菜漬け、炊きたてのご飯。何と言ってもお刺身が美味しい。日本人ならではの幸せを感じるわ。
ただ、カロリーは少なかったようで、連れは夜中に、カレーの残りも食べていた。ははは。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

鶏の唐揚げ(自炊)

連れはようやく午前休。私まで寝坊して、起きたら11時半だった。いかん。朝(昼)ご飯を食べて、午後は在宅仕事でひたすら打ち込み。あしたのために、打つべし打つべし(ひぃー)。夜は余っていた鶏もも肉で唐揚げ。珍しくリンゴのすり下ろしも入れて頑張ったが、さて、お味はいかに。


ご飯、モヤシと里芋とニンジンの味噌汁、アサリの酒蒸し、レタスとリンゴのサラダ(鮭なし)。


ご飯と山汐漬、カクテキなどで、軽く済ませる。


鶏の唐揚げ。ちょっと甘口のが食べたいなあと思って、下味をつけるときに、リンゴのすり下ろしと砂糖を入れて、肉にもみ込んだ。ニンニクとショウガもたっぷり。好きなもんで・・・。おかげで肉はふっくらジューシー、お味はまずまず美味しかったのだが、高温で二度揚げするときにやりすぎたか、ちょっと色が濃い(焦がしたか?)。人様には出せない品ができあがってる。いや、美味しいんだけどね。せんキャベツを添えて。
そのほか、鶏の明太チーズフライ(これは冷凍食品、ついでに揚げた)、味噌汁の残り、ご飯、カクテキ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

アサリの酒蒸し(自炊)

今日から新しいテープ起こしの仕事が始まる。なのに午前中は母と電話したり、のんびり。エンジンがかからない。
連れも徹夜明けから帰宅。さすがにお疲れなご様子。さっとできるアサリの酒蒸しに、ニンニクをたっぷり入れて、体力回復を図ろう。


ご飯、味噌汁の残り、山汐漬。


鮭のクリームスパゲティ。昨日の残りの鮭とタマネギを炒めて、市販のパスタ用クリームソースを入れ、茹でたスパゲティを混ぜた。うーん、やっぱり脂が強い・・・。この鮭、まだ残っているのよね。今晩中にどうしても食べちゃわないと。


アサリの酒蒸し。ニンニクと唐辛子を油で炒めたところに、冷凍の殻付きアサリを入れて、ざっと混ぜたらお酒(うちは面倒で日本酒を入れることが多い)を注ぎ、ふたをする。アサリから結構塩が出るので、味付けはほとんど必要ないほど。仕上げに万能ネギを散らした。うん、美味しい。ニンニクたっぷりが好きだなあ。
そのほか、鮭ハラスのマリネとリンゴのサラダ(結局、フレンチドレッシングに漬け込んでみた。もっと酢が強めのほうがよかったかも。ロメインレタスなど葉っぱ野菜の上に飾り、巻いて食べる)、モヤシ味噌汁の残り、ご飯、山汐菜、カクテキ(絶品!)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

黒豆納豆のオムレツ(自炊)

今日は在宅仕事。明日納品のものがあり、忙しい。食事も、今日だけは手を掛けることができません、ごめんね・・・と思っていたら、連れも忙しいらしく帰宅が遅くて、今日はすぐできるオムレツで済ませる。大粒の黒豆納豆で「つくって」と連れに頼んでみたら、粒が大きいのがいやだったらしく、何とキッチンばさみで納豆を切って(刻んで)いた。斬新な発想で、びっくり。


水炊きの残りがまだ少しあったので、それを食べてしまう。あとはご飯、山汐漬。


ドーナツ。ハニーディップ美味しい。


黒豆納豆のオムレツ。私はフライパンに納豆の臭いが付くのがいやで、いつも玉子を最初に焼いて薄焼き玉子をつくり、その中に納豆を入れる。しかし、連れは大胆にも、卵液と納豆と調味料をあらかじめ全部混ぜてしまってから焼いていた。意外にも臭いは出なくて、この方法でも十分美味しくできる。そうか。
そのほか、キムチとモヤシのスープ(鶏肉、ソーセージ入り)、ご飯、山汐漬(これは気に入った。かなり旨い)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

広島風お好み焼き(おみやげ)

通院日。病院は午前中のみで無事終了。年末までにもう一度行って、今年は終わり。早いなあ。家に帰って、さて今日から仕事だ。生協の宅配を受け取ったり、昼寝もしつつ、作業を進める。夕食は、以前におみやげでいただいたお好み焼きセットを食べてしまうことにする。ホットプレートを出すのが面倒で、2口コンロにフライパンと中華鍋を両方使って焼いた。労力に値する味。


ひじきご飯、フリーズドライの玉子スープ、キュウリのぬか漬け。スープは半分以上残してしまった。ああ、目が覚めない。

おやつ
カントリーマアム。病院でつまむ。


ご飯を、朝ご飯の残りのスープに入れて、おじや風にして。


広島風お好み焼き。おみやげでいただいたセットに、キャベツとモヤシ、青ネギを用意。玉子と豚バラ肉のスライスがあったので、タンパク質はそれを使った。説明書を読みながら、まず水溶き粉をフライパンでクレープ風に焼いて土台をつくり、野菜と天かすを乗せ、豚バラ肉をその上に乗せたら、つなぎの水溶き粉をかけて、ひっくり返す。中華鍋で麺を炒め、適度に広げて、豚バラ肉に焦げ目がついたらその上に移動。さらに、玉子を円形に延ばして焼き、その上に一式移動して、ひっくり返せばできあがり。おたふくソースや青のり、オカカをたっぷりかけていただく。こう書いているだけじゃ、手順はわかりにくいなあ。でも美味しかった。やっぱり苦労しただけはある・・・。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ひき肉と小松菜の炒めもの(自炊)

午前中は在宅仕事を仕上げて納品。テープ起こしの仕事をやっているのだが、今回は早口で、九州弁ばりばりだ。「〜けん」「〜くさ」「ばってん、〜」等々、福岡ネイティブではない私には「??」、難しい仕事である。午後は洗濯をしたら一気に眠気が襲い、お昼寝三昧。食事はあるもので、適当に。茹でておいた小松菜を食べちゃわないと。


ソーセージパン。連れが昨日買って、残していったもの。りんごカル(ジュース)と一緒に。


焼きビーフン。生協で買った冷凍食品。レンジで解凍したあとで、キャベツ、ニラを加えて炒め直す。油が強いのか、焦げずに上手に炒められるわ。


ひき肉と小松菜の炒めもの。ひき肉は合い挽き。味付けに豆板醤とオイスターソースを使った、やや辛口タイプ。ニラとマイタケも入れた。ご飯のおかず向けだが、ぱらぱらとしているので、スープを注いであんかけにしてもいいかも。
そのほか、ポトフ風野菜のスープ(大ぶりに切ったキャベツ、ニンジン、大根を、スープと一緒に圧力鍋にかけ、野菜に火が通ったらふたをあけて、粗挽きソーセージを加えた)、ご飯。ポトフは「ジャガイモが入っていない」と連れから文句があった。そっか、入れればよかった。ごめん。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

おからバーグ(自炊)

今日中にメールで納品してしまいたい仕事(締め切りは週明けでいいのだが、さっさと終わりたい)があるのに、進みが遅い・・・。体調が悪いのか、集中力が足りないのがいかんのか。夜までかかって何とか終わらせる。
ところで、我が家でも地上デジタル放送が見られるようになった。本当は7月には見られたんだけど、ケーブルテレビの会社の人に設定に来てもらう必要があり、面倒で今日までのびのびにしていた。メリットは、字幕が地上波の番組でも見られるようになったことと、ビデオ録画予約が少し便利になったこと、番組表や番組内容の紹介文が画面で見られること。画質もやっぱり綺麗。でもテレビは古いままだから、画面の上下には黒いふちが入ってる。うーん。


久しぶりにパンを焼く。ブルーベリージャムなどを添えて。汁ものがないので、昨日の残り(そばつゆに使ったおだし)を食べてしまう。和洋折衷。
デザートにリンゴ。叔母が、長野県は茅野(私の父の郷里)のリンゴを贈ってくれた。「贈答用にはLが見栄えよくていいんだけど、味はMのほうが美味しいから」とMサイズを贈ったと手紙にあったが、これで本当にMかと思うほど大きい。蜜もいっぱいで、何とも美味しい。


ペンネのクリームソース。冷凍食品(ブイトーニ)で、フライパンで熱するだけ。簡単なのにとても美味しい。もう少しチーズの味が強いといいんだけどな。


残っているおからを、何とか食べてしまわないといけない。ということで、今日はおから入りハンバーグ。タマネギとニンニクのみじん切りを炒めて冷ましておき、合い挽き肉、おから、タマネギ、塩コショウを入れてよくかき混ぜ、玉子でつないで、丸く形をつくって焼いてみた。肉だけのハンバーグとは違って肉汁があまり出ないので、仕上げにバターを加えてジューシーさを出し、おしょう油をたらしていただいた。
うん、不味くはないけど・・・。やっぱりパサパサする食感は否めず。お肉に先に塩・コショウをして、よく粘るまで混ぜてからほかの材料を入れればよかった。片栗粉も少し入れればよかったかも。
そのほか、チンゲンサイとベーコンとシメジのスープ(チンゲンサイは、くたくたになるまで煮込んでみた。茎の部分が美味しい)、セロリとリンゴのサラダ(塩もみしたキュウリも入れた。セロリはドレッシングに漬け込んでおいたが、連れには酸っぱいと言われた)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

広島風お好み焼き(おみやげ)



写真は、昨日の「キルフェボン」のタルト。美味しそうでしょ!
在宅仕事を進めなくては。打ち込み打ち込み。連れの帰りは明日だし・・・なんて思っていたら、トイレに入っている間にガチャッとドアの音がして、連れが帰ってきた。どうやら帰る日を1日間違えていたらしい。というわけで夕食は、前から連れが居るときにやろうと思っていた広島風お好み焼き。セットを広島のお客さんに頂戴したのでつくってみる。さて、上手くできるだろうか?


ペンネ・トマトソースの残り。もう飽きた・・・。


季節外れだけれども、さっと食べられるものをと、そうめんにする。アジのお刺身があったので、それをおかずに。アジはごまだれ(練りゴマ、すりゴマ、しょう油、酒、みりん、酢少々を合わせたもの)に漬けておいた。後はショウガとネギをたっぷり。どちらかというと、夏の盛りに食べたいお味だなあ。


広島風お好み焼き。セットの中身は、粉、中華そば(乾麺でストレートなものだった)、天かす、おたふくソース、青のり。このほかにキャベツと豚バラ肉(今日は豚こま肉で代用)、玉子があればできる。モヤシとネギがあれば尚可、今回はネギだけ入れた。お好みでシーフードなども美味しそう。
添付されているつくり方の紙を必死で読みつつ、ホットプレートのサイズが小さいのでガス台にフライパンで茹でた麺を炒めたりと、悪戦苦闘。なにせ、広島風お好み焼きをつくるのは初めて。主に焼いてくれたのは連れだったが、ああだこうだ言いながらも、なかなか美味しいものができた。ボリュームがあるかと思いきや、2人前をふたりでぺろり。ああ、満腹。アボカドサラダも用意したが、入らない。ごちそうさまでした。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

チキラー(自炊)

午前中に在宅仕事をメールで納品し、午後はのんびり。久しぶりに知人から電話がかかってきたり、注文しておいた本が届いたり、マイペースな一日を過ごす。食事も手抜きになるので、早く連れが帰ってこないかしら。今ごろ、どこで何をしているんだろう(本当に知らないんです、ハイ)。


ボルシチの残り。さすがに肉を入れすぎたか、朝からお腹いっぱい。


レンジでチンする「チキンライス」。カゴメのもの。トマト風味のご飯に、これまたトマトソースをかけて温めるタイプ。しっとりしている。チキンやらタマネギやらマッシュルームやらニンジンやら、具が結構豪勢に入っていて、味も出来合いのものにしては薄くて美味しい。チーズをかけて焼いてもよかった。


最近、病院に行くときには、チキンラーメンのミニサイズを買って帰ることが多い。小腹がすいたときに便利だし、ひとりで食事が面倒なときはこれにいろいろな具と玉子を加えて食べてしまえば楽。特にチキンラーメンが好きでたまらないというわけではなく、単に売店で売られているミニサイズのインスタントラーメンがこれしかないというだけなのだが(本当はサッポロ一番塩ラーメンが好きだが、ミニサイズはない)。
今日は、小松菜、ネギ、豚こま肉、溶き玉子を入れた。具に比べて麺がオマケ程度になってしまったが、まあそれもご愛敬。昼が遅かったんで、ちょうどいいかと。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

サンマのキムチ煮(自炊)

仕事の納品日。朝から集中してテープを聴くが、途中、眠くて眠くて・・・。午後3時ごろにはメールを送って終わり、昼寝のつもりが夕方遅く(夜?)までグーグー。その後はリラックスタイム、録りためていたドラマを観て、長風呂(最近のお気に入りは重曹風呂+アロマオイル)に入って。ああ幸せ。食事はあるもので、適当に。


昨日炒めておいたキャベツと豚肉を、インスタントラーメン(生協の「味一番」白湯味、ノンフライ麺でお気に入り)に入れて、青ネギと溶き玉子も入れて食べる。やっぱり麺が好き。豚肉の量が多すぎてお腹がふくれ、半分食べて、あとは昼に。


ラーメンの残り。うっ、伸びとる・・・(当たり前)。


残っているサンマ煮を食べちゃわないと。でも、しょう油の味に飽きた。そんなときはキムチで煮てしまおう。サンマを煮汁ごと鍋に移して、キムチと、コチュジャンも少し加えて、ピリ辛にして煮返す。味がかなり濃いめになったけど、魚臭さがなくて食べやすくなった。ご飯のおかずには向いている。
そのほか、ニンジンとキャベツのスープ(ベーコン入り)、イカの塩辛(ゆずこしょう添え)、キャベツの芯のぬか漬け、ご飯、ちりめんじゃこ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。