2007年03月06日

ロールキャベツ(自炊)

先週今週は、朝が早い分、夜も早い・・・はずの連れ。ところが、帰ってこないぞー。
在宅仕事の合間をぬって、今日はロールキャベツをつくった。何だか突然食べたくなった。こういう、煮ておけばいいメニューは、食事の準備がわりと楽だしね。連れが遅くなろうが、温め直すだけだし、大丈夫(トゲがある?)。


ご飯、味噌汁の残り。リンゴジュースも。


「蜂の家のカレー」。生協の商品で、レトルトではなくて冷蔵品。お湯で温めて食べる。薄切りの肉が入っているのが特徴かな。


ロールキャベツ。ひき肉は、今日は残りものの合い挽き(牛7、豚3)でつくった。塩コショウ、玉子、みじん切りのタマネギ(炒めている時間がなかった・・・)、パン粉少々でつなぐ。そいだキャベツの芯の部分も刻んで入れた。具を茹でたキャベツの葉で巻いて、ひたひたのチキンスープで煮る。うちのロールキャベツはコンソメ風味のシンプルなもの。仕上げに、スープだけ別鍋にとり、塩コショウで味を強くし、片栗粉でとろみをつけてソースにする。
いつもは鶏ひき肉でつくることが多いので、やや風味が強いというか肉々しいというか。これは好みかもしれない。私は鶏肉のほうが好きだが、連れには合い挽きのほうが好評だった。
そのほか、ポトフ風スープ(ジャガイモ、ニンジン、ベーコンを煮込んだもの。仕上げにバター)、ご飯。


posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。