2007年02月18日

ビアードパパ(シュークリーム)

ひとりで家にいたら、午後、連れの妹さんが遊びに来てくれて、お茶タイム。
こないだのバレンタインデーに、連れの父上にロイズのチョコレートをプレゼントしたら、なんと、連れの妹さんも同じチョコで味違いのものを送っていたとか。生チョコレートで、私はオーレ味(ミルクがたっぷりの甘口)、妹さんはビター味をチョイスしていた。あらあ、驚き。
夜、連れが長い出張から帰ってきた。筑波から静岡に行くと聞いていたのに、おみやげは、なぜか和歌山ラーメン。聞けば突然思い立って和歌山にも行ってきたのだとか。相変わらず、予定のつかめない人だ。


残りご飯と梅干し、塩昆布、イカの塩辛、こんにゃくの煮物などで、適当に。


連れの妹さんが持ってきてくれた、ビヤードパパのシュークリーム。福岡市内では、西新のプラリバ(旧岩田屋)に入っているそうだ。ああ、懐かしいなあ。東京でおつとめしていたとき、会社の近くにもあって、同僚がよく買ってきてくれた。オーダーを受けてからシューにクリームを詰めてくれるのがウリで、しっかりとした皮にバニラビーンズの香りが効いたクリームが美味しい。
そのほか、イチゴ(「あまおう」を買ってきてくれた)やスナック菓子などを適当につまむ。
久しぶりにパンを焼いて、妹さんに1斤持ってってもらう。ホームベーカリーのパンでも、簡単なわりにはとても喜ばれるので嬉しいわ。


和歌山ラーメンで一番有名といわれるお店が「井出商店」。連れも今回、お店に行ったわけではなく、和歌山ラーメン自体も食べたことがないとのこと。買ってきてくれたおみやげのパッケージを見たらどうしても食べたくなり、早速つくる。
濃厚な豚骨しょう油味のスープは、福岡人には好まれる味だと思う。やや細めで少し縮れた生麺がスープによくからんで、連れは「美味しい、美味しい」と喜んで食べていた。ただ、濃厚なスープの素が、お湯に対する分量が多めなせいか、熱湯を注いだのにスープがぬるめ。「次につくるときは、スープ熱々、麺ももう少し固めに茹でて」とリクエストあり。はいはい。具になるものがなくて、とりあえず青ネギをたっぷり。本当は花の形をしたかまぼこが入っているのだとか(なるとじゃなくて)。
ああ、でも、ラーメン美味しい。スープを残したら「明日、おじやにして食べよう」との声が。確かにこの味なら、ご飯を入れてもわりと美味しいと思う。


posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お菓子・デザート系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イチゴの「あまおう」って巨大なのね!
あま〜いし、きれいだし。
先日知人から数粒!入りのをいただきました。
Posted by 唐糸 at 2007年02月22日 23:44
あまおう、美味しいですよ〜
福岡県が一生懸命売り出しにかかっているイチゴです。
どうぞまたお試しあれ!
Posted by ルイ at 2007年02月24日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。