2006年07月07日

豚肉と広島菜の炒めもの(自炊)

連れの知り合いのお方から、サクランボ(佐藤錦)が届く。つやつやとして綺麗で、とても甘い。いやあ、嬉しいなあ。ありがとうございます。
同じくクール便で、私にも知人から水ナスのぬか漬けが届いた。大阪は泉州で採れたナスの漬けもので、みずみずしい風味が絶品。ぬか床として再利用もできるので、ことしは家のぬか床を復活させようと思っている。頑張るぞ。


ご飯、炒めものの残り。デザートにサクランボ。旨いっ。


チキンラーメン。マグカップに入れてつくるミニサイズのものを、鍋に湧かした湯でつくって量を増やす。玉子(かき玉にする)とネギ、豚こま肉、ワカメも入れて。久しぶりのチキンラーメンは美味しいなあ。


忙しい連れは、遅くに帰ってきた上「ぱっぱっと食べられるものがいい」と言うので、今日も炒めもの。広島菜を刻んでごま油で炒め、しょう油と粉唐辛子を加えて辛子高菜風に味付けする。これを豚こま肉と一緒に炒めた。漬けものの塩気がいい感じ。もうちょっとしょう油を効かせてもよかったかな。
そのほか、タマネギとソーセージのスープ、ご飯、ちりめんじゃこ、キムチ。

あ、今夜は七夕だった。空は晴れていたけれども、短冊を飾るの忘れてた・・・。


posted by ルイ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
七夕ネタの笑い話を一席。

姪は短冊に「お母さんの料理がうまくなるように」と書いたとか。
もちろんお母さんはよけいなお世話とムッとしたそうです。
Posted by gantnd at 2006年07月10日 12:38
あははっ (^^)
子供って、本当に突拍子もないことを書くんですね。かわいいというか何というか。

今日(7/10)に病院に行ったら、まだ笹が飾ってありました。
あれって、いつまでに片付けなくてはいけないとか、ないんでしたっけ?(おひな様みたいに)
Posted by ルイ at 2006年07月10日 15:30
 七夕の笹、瀬戸内では海に流してましたけど、それはいつのことだったかしらねえ。
Posted by 唐糸 at 2006年07月10日 18:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。