2006年07月04日

砂肝の塩だれ炒め(自炊)

昨夜のマグロの刺身は、解凍具合もばっちりで美味しかったが、連れは旨い旨いと食べ過ぎてしまったようで、翌朝、お腹の調子が悪そうだった。食べ過ぎだって。
仕事の締め切りが明日にせまり、眠気と戦いながら仕上げに入る。夕食は鶏の砂肝。九州では「砂ずり」と呼ぶ(こちらに来て初めて知った)。半分は煮て、半分は炒めもので。


梅干しと白ごまとちりめんじゃこのおにぎりを、広島菜で巻いた。デザートに、ヨーグルト。


そうめん。薬味にネギ、ショウガ、青ジソ。これだけじゃ栄養が足りないので、ベーコンエッグもつくっておかずに添える。ヘンな組み合わせ。


砂肝の塩だれ炒め。5ミリ程度の厚さに切った砂肝を、塩、コショウ、ごま油を合わせたタレにからめて、しばらく漬け込んでおく。長ネギはせん切り、ニンジンは薄い輪切りにし、砂肝と炒め合わせる。砂肝は意外と火が通りづらいので、必要ならお酒を加えて蒸し焼きにしてもいい。野菜から甘みが出るので、塩は強めに効かせた方が美味しいかも。
そのほか、砂肝のショウガ煮(砂糖、ハチミツ、酒、しょう油、ショウガで煮込んだだけ。砂肝の皮目には切れ込みを入れておいた方がいい)、チンゲンサイとベーコンのスープ、ご飯、広島菜。連れはキムチも。


posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。