2006年12月31日

年越し蕎麦(連れの実家にて)

朝は比較的ゆっくりと起き、年賀状書きに追われる連れを横目にテレビを見たりして過ごす。NHK FMとBS2で「みんなのうた」の特番をやっていたので、かけっぱなしにしておいた。「赤鬼と青鬼のタンゴ」「南の島のハメハメハ大王」「北風小僧の寒太郎」等々、うわっ懐かしい。
夕方、連れの実家へ。年越し蕎麦を食べて紅白歌合戦を見て、のんびり日本のお正月を待つ。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。


私と連れは、ご飯に鍋の残り。後輩君は朝はパン派だそうで、トーストに目玉焼き。ところが私がつくった目玉焼きが焦げてしまい、お客には出せないものになってしまった。すまん。


しばらく留守にするので、中途半端に余っていたご飯やキムチなどを食べて適当に済ませる。


年越し蕎麦。だしを張ったお椀にお蕎麦を入れて、干しシイタケ(だしをとるのにも使用)、紅白カマボコ(山口県萩市の「銀浪」(ぎんなみ)というブランドのものが、連れの実家ではお気に入りで、お正月には必ず用意する)、ちくわ、丸天、ネギを乗せていただく。お蕎麦が茹で麺(袋入り)だったのが、ちょっと残念。

テレビを見ながら、母上の台所仕事の手伝いも、ほんの少し。田作りや紅白寒天(白は牛乳かん、赤はフルーツかん)、明日のお雑煮用のだしの準備(焼きアゴ、昆布、干しシイタケを水につけておく)などを、ダラダラとする。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

豚バラ肉の鍋(自炊)

日中はダラダラと昼寝したり、キムチの下漬けをしたり数の子の塩抜きをしたり。すると、仕事で職場に行っていた連れから電話があり「今日、後輩を泊めてもらえないか」という。はいはい。鍋にしたのでちょうどよかった。
夜は三人でキムチを漬ける。今回はなかなか本格的に仕上がっている。いい感じ。


ご飯、鮭、キムチ。これだけじゃ足りないので、お餅(昨日つくったのではなく、冷凍しておいたもの)を磯辺焼きにして食べる。

昼(おやつ?)
小枝とか、あるもので適当に。


鍋にすることは決まりだが、具がないかも・・・。冷凍庫に入っている「焼き肉用」の豚バラ肉を使うことにする。しかし、鍋にはやや厚め。たっぷりの白菜と一緒にやや長めに煮込んで食べた。まあまあ美味しい。具はほかに、鶏肉、ニンジン、大根、ゴボウ。味付けは塩味の昆布だしをベースにすっきりと、好みでポン酢をかけて食べる。
そのほか、キャベツとカニかまぼこのサラダ、ご飯、キムチ、カクテキ。
デザートに、イチゴ。博多のあまおう、美味しい。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

もちつき(連れの実家にて)

昨日の疲れが出たのか、連れと二人で寝坊・・・。起きたら昼の12時半だった。やばい、13時過ぎには父上が迎えに来てしまう。今日は連れの実家で、もちつきなのである。あわてて準備をして出かけた。
もちつきと言っても、もちつき器でつくので、それほど大変ではない。要はつきあがったもちをちぎって丸めるのに人手が必要。でも、できたての柔らかいのをほおばる幸せといったら、たまらない。美味しいー。
夕食はお刺身をごちそうになり、満腹で送ってもらって帰宅。いつもありがとうございます。


パウンドケーキ、りんごカル(ジュース)。


あんころもち。おもちに入れるあんは、なるべく甘くつくると、外側のもちとの味の対比が美味しいそうだ。へえ。


お刺身。玄界灘の地物で、アジとサバを用意してくれていた。これに伊豆のワサビ(私のイトコのワサビ農家からの贈りもの)、大根サラダ(父上がつくった大根に、ワサビドレッシングをかけて食べた)、鮭の塩焼き、白菜漬け、炊きたてのご飯。何と言ってもお刺身が美味しい。日本人ならではの幸せを感じるわ。
ただ、カロリーは少なかったようで、連れは夜中に、カレーの残りも食べていた。ははは。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

ほうれん草のカレー(レトルト)

通院日。病院内の美容院で、とても久しぶりに髪を切る。5、6センチは切ったので、これでさっぱりと新年を迎えられる。
連れは終日オフ(珍しい)。家に帰ってスキャナをひっぱり出し、年賀状づくりを始める。我が家は文面を連れが考え、デザイン(データ作成)と印刷は私が担当というスタイルが続いている。しかし、外に出たりパソコンに向かいきりですっかり疲れてしまい、食事づくりはレトルトカレーで勘弁してもらった。ごめんね。


ご飯、チキンの残り。あわてて病院へ向かった。


ピザトースト(連れが買ってきてくれた冷凍食品)、病院で買ったサンドイッチ(ハム、玉子)。これにおやつも適当につまむ。


生協で買った、ちょっと高級なレトルトカレーを食す。ほうれん草のカレーと、地鶏のスパイシーカレーというのを、ふたりでシェア。これにプレーンヨーグルトを添えて。スパイスの香りがきいていてインドカレー風、かなり美味しい。ヨーグルトは地鶏カレーのほうが合った。
そのほか、キャベツとツナのサラダ(これはつくった)、トマト、しば漬け。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

ペッパーハム(自炊)

ひいひい言いながらも、なんとか納品。疲れたあ。夜、ネットが一時的につながりにくくなる。台湾地震の影響か? 連れは仕事で遅く、疲れたようでご飯を山のように食べていた。というわけで、今日はしょっぱいおかずが多い。


ご飯、中華スープの残り。最後はスープにご飯を入れて、雑炊風にして食べた。

昼(おやつ?)
アボカド、「小枝」チョコレート。小枝大好き、あればあるほど食べてしまう。


ペッパーハム。荒くくだいたブラックペッパーがまぶしてある辛口のハムで、しょっぱくてスパイシー。味付け自体はシンプルで食べやすいんだけど。
そのほか、鶏手羽なかのスパイシー焼き(少し残っていたのをまた焼く)、水菜とトマトとアボカドのサラダ(マヨネーズベースのドレッシングで和えて)、トマトと豆と水菜のスープ。これで冷蔵庫の水菜は終わり、ほっ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

中華スープ(半自炊)

クリスマスも終わり、暮れがいよいよ迫ってくる。明日には納めてしまいたい仕事があって、大あわてで仕上げに入った。眠気との戦いである。くうっ、つらい。
食事も、あるもので適当に。毎度おなじみ、手羽なかのスパイシー焼きは、当然連れが買ってきたもの。すっかり彼の好物になっているらしい。何とかの一つ覚えだろうか。


野菜のトマト風味スープ。これでようやく最後。ジャガイモが入っているので、そこそこボリュームもある。連れはご飯とキムチ、厚揚げのスープの残り。


うどん。手軽に、冷凍うどんをだし汁であたためて、白菜とゆで玉子を入れた。


汁ものを何にしようかと思い見てみると、コープのふかひれスープのレトルトが出てきた。仕上げに玉子を加えるタイプだが、個人的にどうもお味が好みではなく(クノールの同様の商品はとても美味しいのだが・・・)、今回は具をいろいろと足してつくってみた。まず、カニかまぼこ。それにニンニクの芽。余っていた水菜もたっぷりと入れ、最後に溶き玉子を加えた。うん、カニ風味のせいかお味もマイルドになり、水菜のシャクシャクした食感も楽しい。チンゲンサイでもよかったかも。こうして味を加えると、随分と美味しくなるもんだ。ほっ。
そのほか、手羽中のスパイシー焼き(いつもの。味付けで売られているものをグリルで焼く)、せんキャベツ、ご飯、カクテキ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

うな丼(いただきもの)

朝は比較的早起きしたけど、昼寝の時間が長かった。こんなことしているから、仕事が終わらない。夜になるとエンジンがかかってくる分、食事が手抜きになる。いかんなあ。


ケーキ。フランボワーズ(やや甘酸っぱいクリームがたっぷり乗ったミニタルト)に紅茶をいただく。朝から何を食べているんだか。


ご飯、昨日のサラダの残り、野菜のトマト煮(すっかり煮くずれて、ポタージュ状になっている)。


うな丼。先日お歳暮で頂戴した、三河(豊橋)のうなぎ割烹「一愼」のもの。真空パックを解凍し、グリルで焼いて温めた。丼ものは連れにも好評。食べるのが楽なんだそうだ。
そのほか、水菜と厚揚げのすまし汁。


連れがこんな心理テストを教えてくれた。
問い「好きな動物を3つ、順に挙げてください」。

私の場合、まずはネコ、次にホッキョクグマ(愛媛・とべ動物園のピースちゃん!)、そしてウサギ。
連れはムササビ、モモンガ、キツネだそうだ。
その答えは・・・

続きを読む
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

ラムチョップ(自炊)

おだやかに晴れて、暖かいクリスマスイブ。連れはさすがに疲れがたまってたのか、午前中だけでなく午後までだらだらと寝ている。しかも、職場に忘れ物をしてしまったそうで、夕方になってようやく外出、ついでに食べ物やケーキを買ってきてくれた。ありがとう。せっかくなので、肉でも焼きましょうか。


ご飯、キムチ、おでんの残り。練りものと厚揚げを中心に食べる。


ワカメぞうすい。残りご飯と、インスタントのワカメスープ(リケンの・・・)に溶き玉子を加えたもの。


ラムチョップ。本当は炭火とかで焼けば美味しいのだろうけど、もう今日は手軽に、ハーブソルトに漬け込んだ骨付き羊肉をフライパンで焼いただけ。ややお肉に厚みがあったので、両面をしっかり焼いた後に、お酒を振りかけて蒸し焼きにした。それでも旨みは残り、お肉は柔らかくてしっとり。やや脂が強めだがそこがいい。美味しいなあ。
そのほか、キャベツと水菜とリンゴのサラダ、野菜のトマト煮(フレッシュトマト、ニンジン、ジャガイモ、タマネギを角切りにして、圧力鍋で煮た後に、鶏ガラスープと塩コショウで味付け。火を通しすぎてジャガイモがとろけてしまい、連れに「離乳食みたい」と言われてしまった)、ピザトースト(これは冷凍食品)。
アルコールは苦手な我が家では、シャンパンのかわりに「ミニャール」というブドウ100%の発泡性ジュースを飲んだ。生協で注文した商品。赤・白両方あるそうだが、今回は白を飲んでみる。かなり甘口でリンゴジュースに近いお味。

デザート
ケーキ。ホールで買ってもふたりじゃ余ると思い、いつもの「パティスリー ボン」で、連れはモンブラン、私はチョコレートケーキ。そのほかフランボワーズも買ってきてくれていたが、お腹いっぱいで明日食べることに。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

煮込みうどん(自炊)

すっきりと晴れて気持ちがいい日。大量の洗濯物を片付ける。連れは夜、忘年会で出かけていった。なので私は在宅仕事。食事も残りもので済ませた。カボチャほうとうはお腹にたまって、体も温まる。


ご飯、ほうとう鍋の残り、キムチ。
このキムチ旨い。今年の冬はやや暖かく、ちょっと発酵が進んでて酸っぱめだけど、私は酸っぱい方が好きなので・・・。


ほうとう鍋の残りに、冷凍うどんをつっこんで、煮て食べる。やっぱり、ほうとうの麺を入れた方が美味しい。


出来合いのおでんに、厚揚げを追加した。大好きな大根、こんにゃく、ちくわは必ず食べる。そのほか、玉子、丸天も。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

カボチャ入りほうとう(自炊)

今日は冬至だ、カボチャ食べないと。というわけで、先週とっておいたほうとう(生麺を冷凍しておいた)を使って鍋をつくる。ここ数日は暖かくて、あまり鍋という感じでもないのだが、まあいいでしょう。
ユズ湯にも、しっかり入った。このユズは、連れが八百屋さんで売れ残りのを2個、タダでもらってきたもの。彼は妙におばさん受けがよく、不思議なところで得をする。


ご飯、アジの干物、里芋とニンジンの味噌汁、山汐漬。
外に出しておいたキムチを持ってきて、切ってびんに詰め直し、冷蔵庫へ移した。漬けて4日、なかなかいい感じに漬かっている。


ご飯にキムチ。このキムチ、かなり赤いのに辛さが強くなくて美味しい。


ほうとう。だしは昆布と削り節、煮干しでしっかりとった。具は、豚こま肉に鶏むね肉、野菜はカボチャ、大根、ニンジン、タマネギ、白菜、これに厚揚げを入れるから、ものすごい量ができてしまった。でもまあ、野菜ばっかりなので結構食べられる。ほうとうの麺を入れて(下ゆでをせず、生麺をそのまま入れるのが特徴)ぐつぐつと煮込むと、汁もとろみがついて、いい感じにあったまった。一味唐辛子を散らして、ああ、冬の食べ物だ。ネギとキノコを切らしていたのが残念。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

鶏の唐揚げ(自炊)

連れはようやく午前休。私まで寝坊して、起きたら11時半だった。いかん。朝(昼)ご飯を食べて、午後は在宅仕事でひたすら打ち込み。あしたのために、打つべし打つべし(ひぃー)。夜は余っていた鶏もも肉で唐揚げ。珍しくリンゴのすり下ろしも入れて頑張ったが、さて、お味はいかに。


ご飯、モヤシと里芋とニンジンの味噌汁、アサリの酒蒸し、レタスとリンゴのサラダ(鮭なし)。


ご飯と山汐漬、カクテキなどで、軽く済ませる。


鶏の唐揚げ。ちょっと甘口のが食べたいなあと思って、下味をつけるときに、リンゴのすり下ろしと砂糖を入れて、肉にもみ込んだ。ニンニクとショウガもたっぷり。好きなもんで・・・。おかげで肉はふっくらジューシー、お味はまずまず美味しかったのだが、高温で二度揚げするときにやりすぎたか、ちょっと色が濃い(焦がしたか?)。人様には出せない品ができあがってる。いや、美味しいんだけどね。せんキャベツを添えて。
そのほか、鶏の明太チーズフライ(これは冷凍食品、ついでに揚げた)、味噌汁の残り、ご飯、カクテキ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

アサリの酒蒸し(自炊)

今日から新しいテープ起こしの仕事が始まる。なのに午前中は母と電話したり、のんびり。エンジンがかからない。
連れも徹夜明けから帰宅。さすがにお疲れなご様子。さっとできるアサリの酒蒸しに、ニンニクをたっぷり入れて、体力回復を図ろう。


ご飯、味噌汁の残り、山汐漬。


鮭のクリームスパゲティ。昨日の残りの鮭とタマネギを炒めて、市販のパスタ用クリームソースを入れ、茹でたスパゲティを混ぜた。うーん、やっぱり脂が強い・・・。この鮭、まだ残っているのよね。今晩中にどうしても食べちゃわないと。


アサリの酒蒸し。ニンニクと唐辛子を油で炒めたところに、冷凍の殻付きアサリを入れて、ざっと混ぜたらお酒(うちは面倒で日本酒を入れることが多い)を注ぎ、ふたをする。アサリから結構塩が出るので、味付けはほとんど必要ないほど。仕上げに万能ネギを散らした。うん、美味しい。ニンニクたっぷりが好きだなあ。
そのほか、鮭ハラスのマリネとリンゴのサラダ(結局、フレンチドレッシングに漬け込んでみた。もっと酢が強めのほうがよかったかも。ロメインレタスなど葉っぱ野菜の上に飾り、巻いて食べる)、モヤシ味噌汁の残り、ご飯、山汐菜、カクテキ(絶品!)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

鮭ハラスのあぶり焼き(自炊)

仕事の締め切りがあり、ひいひい。夕方までに何とか納品して、その後はぐっすりと寝入る。食事もいい加減。それを察したか、連れが帰ってこない・・・。(結局、この日は職場に泊まりだった。お疲れさまでした)


昨日のキムチスープを温めて、ご飯を入れて、雑炊風にして食べる。お隣・韓国では、ご飯に汁をかけて食べるのはマナー違反で、必ず汁のほうにご飯を入れて食べるのだそうだ。


レトルトカレー。今日は生協で買った「博多華味鶏 地鶏カレー」。鶏肉がたっぷり入っているだけじゃなくて、鶏ガラスープをつかったというお味は、ただただマイルド。かといって甘口というわけでもない。私の好みとしては、もっとスパイスの香りがガンガン効いているほうがいいのだが。でも、カレーはチキンカレーが一番好き。


鮭ハラスのあぶり焼き。これは商品名で、鮭の身をレアにあぶった刺身風のもの。冷凍されていたので、解凍して、スライスタマネギと一緒にいただく。うーん、この鮭、脂が強すぎ。胸焼けしそうで、半分食べてギブアップ。明日、火を通して食べよう。
そのほか、モヤシの味噌汁(モヤシはごま油で炒めて入れる。具はほかに、ニンジン、シメジ)、山汐漬、カクテキ(いい感じに漬かってきた。ニンニク・唐辛子が控えめで美味しく食べやすい)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

黒豆納豆のオムレツ(自炊)

今日は在宅仕事。明日納品のものがあり、忙しい。食事も、今日だけは手を掛けることができません、ごめんね・・・と思っていたら、連れも忙しいらしく帰宅が遅くて、今日はすぐできるオムレツで済ませる。大粒の黒豆納豆で「つくって」と連れに頼んでみたら、粒が大きいのがいやだったらしく、何とキッチンばさみで納豆を切って(刻んで)いた。斬新な発想で、びっくり。


水炊きの残りがまだ少しあったので、それを食べてしまう。あとはご飯、山汐漬。


ドーナツ。ハニーディップ美味しい。


黒豆納豆のオムレツ。私はフライパンに納豆の臭いが付くのがいやで、いつも玉子を最初に焼いて薄焼き玉子をつくり、その中に納豆を入れる。しかし、連れは大胆にも、卵液と納豆と調味料をあらかじめ全部混ぜてしまってから焼いていた。意外にも臭いは出なくて、この方法でも十分美味しくできる。そうか。
そのほか、キムチとモヤシのスープ(鶏肉、ソーセージ入り)、ご飯、山汐漬(これは気に入った。かなり旨い)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

中央区大濠公園「China Garden 大濠」(中国料理)

冷え込んだ日曜日。午前中はオフで、連れと一緒に(というか、連れに指示して?)キムチを漬ける。本格キムチのつくりかたは、また今度、時間のあるときに書きます。
午後から、大濠公園能楽堂へ能を観にいく。こちらの能楽堂は初めで、きれいで快適な会場にはびっくり。窓の外はあられのような初雪が降っているというのに、中はぬくくて、睡魔が・・・。演目は、狂言は「茶壺」、能は「融」(とおる)。とてもよかったです。帰りに最寄りのレストランで外食。

朝&昼
ご飯、鍋の残り、大根のぬか漬け、山汐漬。


大濠公園の入り口にある中国料理のレストラン「China Garden 大濠」へ。もともとは「平和楼」の支店だったのが(連れが子供のころからあったそうだ)、最近リニューアルオープンしたらしい。私は平和楼のころに一度行ったきり。内装やメニューもだいぶ変えたようだが、おすすめメニューの「スペシャルちゃんぽん」などは変わっていなかった。
セットメニューも多かったが、今回はアラカルトで。まずは好物のピータン、そしてふかひれスープ(キノコ、タケノコなどが入る定番スープ)。点心に、カニの卵入り蒸し餃子。牛肉とピーマンの細切り炒めと、エビ入り焼きそば(パリパリの細麺にあんかけの、皿うどん風)、本当はあんかけチャーハンが食べたかったのだが、チャーハンが1種類しかなくてあきらめた。残念。デザートに、連れは仙草ゼリー(半分くらいは杏仁豆腐が占めていた)、私は杏仁豆腐(キウイソースがかかっていた)。
どれもあっさりめの味付けで食べやすいのだが、特色がないというか・・・。連れは「ちょっとファミレスに近づいたかも」という感想を残した。やっぱり、お勧めメニューのちゃんぽんなどを食べればよかったのかな。

おやつ
向かいのミスタードーナツでテイクアウト。私はハニーディップが好きで、それにD-ポップを。連れはポン・デ・ショコラとシナモンクルーラー。家で、紅茶と一緒にいただく。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

鶏の水炊き(自炊)

この週末は珍しく連れが家に居る。ちょっと風邪気味な様子だったので、二人で家で、半分仕事、半分昼寝で過ごす。せっかく土鍋を出したのと骨付きの鶏肉があるので、水炊きがどうしても食べたくなり、白菜を買ってきてもらった。ああ、冬はやっぱり鍋がいい。
この白菜が余ったので、食後、キムチの下漬けを始める。連れにレクチャーしつつ。去年は漬けられなかったから、今年は上手くできるといいな。。


ご飯、ほうとう鍋の残り(ほうとう無し。なので豚汁に近い)。

昼(おやつ)
つくるのが面倒で、お菓子をかじる程度。


鶏の水炊き。鶏は骨付きもも肉を用意し、お湯でさっとゆがいて冷水にとる。土鍋に昆布だしを張って、日本酒も多め(水5に対し日本酒1だそうだ)に入れて、鶏肉を投入。30分ほど煮て、骨からだしを出す。このあと野菜などの具を入れて食べる。今回は白菜、大根、豆腐、シメジで、あっさりと。ポン酢を用意し、柚子の絞り汁をたっぷり入れたが、これが白菜によく合って美味しかった。肉にはおろしショウガやニンニクを薬味につけるといいと「きょうの料理」で言っていたので用意したが、やっぱりポン酢が一番気に入った。
そのほか、山汐漬。八百屋さんの手づくりを連れが買ってきてくれた。カラシナの一種である「山汐菜」(やましおな)を漬けた、筑後地方(久留米市など)独特の食べ物。野沢菜漬けに近いが、葉っぱの感じがちょっと違う。味付けも甘さがなくすっきりとしている点は同じだが、こちらのほうがコショウ(唐辛子)を多めな感じがする。
ちなみに「山汐」とは土石流のことだそうで、山崩れで川の上流からこの菜の種が流れてきて下流に自生したことからこの名がついたのだとか。

デザート
連れが毎度おなじみ「パティスリー ボン」のケーキを買ってきてくれた。今回は私がプラリネ風味のものを、連れはモンブランをいただく。しっかり甘いところが、紅茶によく合ってリラックス。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ほうとう鍋(自炊)

昨日は夜遅くまで、連れとテレビ(ドラマを2本も・・・)をだらだら観てしまい、夜更かしした分、何とも眠いったら。久しぶりにすっきりと晴れたので布団を干して、洗濯、そして在宅仕事。夜は土鍋を出してきて、ほうとうをつくる。しかし、あ、カボチャがない!


連れには残りものの炊き込みご飯を食べてもらう。私はパンをトーストで。これにワカメスープ、デザートにヨーグルト&プルーン。


そうめんを茹でて、半分は納豆と一緒に食べる。ところが寒くなってしまい、朝のスープが少し残っていたので、麺も残りは「にゅうめん」にして食べた。韓国風にゅうめんと言おうか。


ほうとう。昆布と削り節で濃いめにだしを取り、野菜は根菜類ばかりをたっぷり、大根、ニンジン、里芋、タマネギを入れた。肉類は、鶏もも肉と豚バラ肉。具が煮えたら、ほうとうの麺(下ゆでせず、そのまま入れる)を入れ、火が通ったら味噌で味付け。食べるときに、好みで青ネギや七味唐辛子を散らして。
いやあ、かなり美味しい。ほうとうの麺の周りの粉が汁にとろみをつけるので、余計に温まる。連れはこの日、体調がイマイチで疲れ切って帰ってきたが、この鍋は大好評で、食べたら一気に復活していた。しかし、ほうとうにはつきもののカボチャを切らしていたのは痛い。それと、キノコ類が欲しい。油揚げも入れたい。長ネギがなかったのはとても悔やまれる。あればゴボウも・・・と、欲はつきない。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

広島風お好み焼き(おみやげ)

通院日。病院は午前中のみで無事終了。年末までにもう一度行って、今年は終わり。早いなあ。家に帰って、さて今日から仕事だ。生協の宅配を受け取ったり、昼寝もしつつ、作業を進める。夕食は、以前におみやげでいただいたお好み焼きセットを食べてしまうことにする。ホットプレートを出すのが面倒で、2口コンロにフライパンと中華鍋を両方使って焼いた。労力に値する味。


ひじきご飯、フリーズドライの玉子スープ、キュウリのぬか漬け。スープは半分以上残してしまった。ああ、目が覚めない。

おやつ
カントリーマアム。病院でつまむ。


ご飯を、朝ご飯の残りのスープに入れて、おじや風にして。


広島風お好み焼き。おみやげでいただいたセットに、キャベツとモヤシ、青ネギを用意。玉子と豚バラ肉のスライスがあったので、タンパク質はそれを使った。説明書を読みながら、まず水溶き粉をフライパンでクレープ風に焼いて土台をつくり、野菜と天かすを乗せ、豚バラ肉をその上に乗せたら、つなぎの水溶き粉をかけて、ひっくり返す。中華鍋で麺を炒め、適度に広げて、豚バラ肉に焦げ目がついたらその上に移動。さらに、玉子を円形に延ばして焼き、その上に一式移動して、ひっくり返せばできあがり。おたふくソースや青のり、オカカをたっぷりかけていただく。こう書いているだけじゃ、手順はわかりにくいなあ。でも美味しかった。やっぱり苦労しただけはある・・・。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ひじきご飯(自炊)

今日も仕事はオフ。こたつに入ってごろ寝、実に幸せな時間を過ごす。
友人gさんから手づくりのケーキが届く。趣味で10年近くもケーキづくりを習っているというgさんならではのプレゼントで、クリスマスラッピングをされた、ドライフルーツ入りのパウンドケーキ。とても美味しそう! いつもありがとうございます〜
連れは忘年会。なので、私の食事は適当に。


トースト、カップスープ(クノールの、ポタージュ)。


クリームスパゲティ。ソースは出来合いのもので、残っていた朝のカップスープも少し入れて、スープスパゲティ風に仕上げた。カブのスープ(ソーセージ入り)も添えて。


ひじきご飯。出来合いの炊き込みご飯のもとに、マイタケを追加。ちょっと味が濃く仕上がってしまったけど、炊きたてはやっぱり美味しい。ニンジンも入れればよかったな。
連れは、スッポン鍋を食べてきたとか。季節の変わり目でちょっとだるそうだったのが、スッポン効果か「体がぽかぽかして、元気になったよ」とか言っている。いいなー。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

焼き餃子(冷凍食品)

仕事はオフで、のんびりする一日。紙に「やることリスト」を書いて、手紙を書いたり書類を書いたりと、雑用を済ませる。半分くらいは終わったかな。ただ、食事はイメージが湧かず、結局冷凍食品に。
寒い季節は熱いお茶が旨い。最近、「ほうじ玄米茶」という、ほうじ茶と玄米茶のブレンドが気に入っている。カフェインが少ないのでガブガブ飲めるのが嬉しい。茶色いお茶、大好き。


ご飯、炒めものの残り。


コープのカップラーメン。シーフード味。カップヌードルの類似品みたいなもの。鍋にあけて煮てつくり、玉子と青ネギも入れてみた。


焼き餃子。「一品香」の冷凍食品を焼いたもの。やや小ぶりで、薄めの皮をしていて食べやすい。福岡の餃子は数がこなせるわ。
そのほか、カブのスープ、小松菜のバター炒め、昨日のひき肉炒めの残り、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。