2006年09月30日

韓国産白菜キムチ(いただきもの)

連れはこの土日は出勤。私は在宅仕事にプラスして、3時間ほど所用で外出。とはいっても近所なので、それほど大変ではなかった。帰宅後はまた仕事に追われ、連れも飲み会なので、夕食は適当に。
韓国土産でいただいた、本場の白菜キムチを切って食べてみる。辛いは辛いのに、とても美味しい。朝は朝でキムチ味のお雑炊だったし、私たち夫婦は、もしも韓国に引っ越すことになっても暮らしていけそうだ。


キムチ雑炊。昨日のスープにご飯を入れて、玉子でとじた。クッパ風になり、かなり美味しい。昨日は鶏の脂が強めだったが、玉子がうまいぐあいに脂を吸って食べやすくなっていた。


トマトリゾット。昨日届いたインスタント食品で、レンジでチンするだけ。アサリやジャガイモも入っていたので、体にはそう悪くなさそう。おやつにクッキーなど。


鶏肉の塩だれ焼き(残りもの)、セロリ、キムチ、ご飯。
このキムチ、いろいろな具材が挟み込まれていて、変わったところではピーナツを発見。松の実の代わりなのかな。本場の味でとても美味しいのだが、発酵が進んでいて酸っぱいのと(私は酸っぱいほうが好きなので歓迎)、ニンニクのにおいは何とも強烈。家に帰ってきた連れが「くんくん、これは食欲をそそるなあ」と言って、白いご飯とキムチをモリモリと食べ出すほど。あれ、飲み会で食べてきたんじゃあ・・・?
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

キムチ風味のスープ(自炊)

さて、仕事。しかし眠くて、洗濯をしたら午前中はもうダウン、寝てしまった。母から食べ物が届く。この状況をわかっているので、すぐ食べられるレトルトとインスタント、それにお菓子。助かるなあ。
夕飯は連れに手伝ってもらう。汁ものは彼がつくった方が上手。味は全般的に濃いめだけれども、たぶん私よりも味覚のセンスがいいんだろうな。こうやって持ち上げておけば、今後もつくってくれるだろうし・・・。


ご飯、鶏手羽、ミョウガのおつゆ。


スパゲティ。ソースはレトルトのミートソースで、ラ・ベットラの落合シェフの名を冠した商品。肉の分量もしっかり多めで、ソースも変に甘ったるくなく、やっぱり美味しい。ただ、ついてきたパルメザンチーズはかなりの量で、においも強い。私は大歓迎だが、全部かけてしまうと、チーズがやや苦手な人には辛いかも。
そのほか、セロリの葉っぱもかじりつつ。


鶏もも肉の塩だれ焼き。手抜きで、市販の塩だれを使ったもの。たれは、ほんとうは豚バラ肉用で、粗塩とごま油をベースにした風味。適当に切った肉に揉み込んでから、フライパンで焼くだけと、簡単。
そのほか、キムチ風味のスープ。カクテキ(大根キムチ)を汁ごとスープベースにし、鶏ガラスープの素などで味付け、具にはシイタケとニラを入れた。鶏を焼いて出た脂と肉汁を、この中に投入。脂が強めのこってりした風味になったが、これが美味しい。ピリ辛で、もうちょっと寒い季節の方が合うかもしれないが。
これに、ニラと厚揚げの玉子とじ、ご飯。いやあ、お腹いっぱい。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ミョウガのかき玉汁(自炊)

通院日。病院の帰りに、NTTドコモのショップに寄る。ここは手づくりハンバーガー店の隣にあり前から気になっていたので、「よし、昼は久しぶりにハンバーガーだ」と楽しみにしていた。ところが、店の入り口がわからずにうろうろしていると、ドコモショップの店員さんが出てきて「今はドリンクしかやっていないんですよ」という。ガーン。ハンバーガーが食べられないなら仕方ないと、すごすご帰宅。今年中にはリニューアルオープンの予定らしいが、ああ残念。ちなみに、二つの店は中でつながっていた。ひょっとしたら店員も同じなのだろうか?
帰宅後も事務的なこと(雑用)に追われ、本来の在宅仕事になかなか手が付けられない。夜になってからようやくペースが上がり、ちょっと夜更かしして打ち込み。


ご飯、大根の煮物、ゆで玉子半個、シジミのおつゆ。


シジミのおつゆ、茶碗蒸し(出来合いのもの。一応「松茸茶碗蒸し」と書いてあったが、松茸の香りがしない)。

おやつ
ふかし芋。


今日は揚げもの。連れにお願いして、冷凍食品の春巻きとイカフライを揚げてもらう。揚げものに慣れていない連れは、どうも見ているとおっかなびっくりだったが、結果はからっと揚がっていて美味しかった。ただ、出来合いの春巻きはやっぱり味が濃く、2本も食べればお腹いっぱい。
そのほか、ミョウガのかき玉汁(玉子で甘くなるので、おすましの塩味は強めのほうがいいかも)、セロリ、しば漬け、ご飯。本当は鶏手羽も残っていたが、お腹いっぱいで食べられず。デザートに、梨。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

鶏手羽と大根の煮物(自炊)

在宅仕事。うーん、眠い。ほんとうはいろいろと雑用があるのだが、ひたすら打ち込みに専念する。食事も、こういうときは煮物が便利だ。そろそろ、こってり味の煮物が似合う季節になってきた。


ご飯、ちりめん山椒、キュウリとニンジンのぬか漬け。


ラーメン。以前にもらった御当地シリーズの、北海道の味噌ラーメンにする。袋麺だが、麺のしっかりしたタイプ。具にはニンジンとタマネギを炒めて、別鍋でソーセージも茹でて乗せる。・・・でも、味噌ラーメンにはソーセージはイマイチ。

おやつ
梅と白ゴマのおにぎり。連れの帰りが遅いので、その間にお腹を持たせるものが必要。


鶏手羽と大根の煮物。大根は乱切り、米のとぎ汁で下ゆでし、水にさらして苦みを抜く。手羽肉はフライパンで表面を焼き(ほんとうは揚げた方がいいが、面倒だったので……)、大根と一緒に煮る。しょう油を強めにした、こってり味。玉子は別に茹でておいて、食べる少し前に投入、色だけ付ける感じにした。うん、まずまず。手羽肉はコラーゲン豊富で美味しいんだけど、煮物だと手が汚れるのが難点。めんどくさがりの連れは、あまり歓迎しない料理だとは思う。旨けりゃいいのよ。
そのほか、シジミのおつゆ、キュウリとニンジンのぬか漬け、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

エビと豆腐のうま煮(自炊)

所用で役所に行く。バスで一本なので簡単なはずなのに、久しぶりの外出で体はへろへろ。お昼は外食しようかと思っていたが、中途半端な時間だった上に気力もなく、まっすぐ帰ってくる。遅い昼を家で食べている間に眠くなってしまい、半分残して昼寝・・・。何だか疲れているなあ。季節の変わり目だからかな? 夕食も手抜きで、昨日の残りものを中心に。


ご飯、肉じゃがの残り、キュウリのぬか漬け。ああ、眠い。


レトルトカレー。グリコの商品(名前を忘れた)をご飯にかけて。


エビと豆腐のうま煮。水切りをしておいた木綿豆腐は角切り。鶏ガラスープを少々鍋に張って、豆腐とエビ、イカ(シーフードミックスを解凍したもの)を加えて、軽く煮崩しつつ味をつける。火が通ったら塩コショウで味を調えて、最後に溶き玉子を加え、煮えたらごま油を少々たらして完成。本当はホタテの缶詰とか、カニでつくりたかったけれども、これはこれでなかなか。
そのほか、スモークサーモン(サラダ菜とスライスオニオン、レモン添え)、肉じゃがの残り、ご飯、ちりめん山椒。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

木久蔵ラーメン(おみやげ)

テレビ番組「笑点」、司会者が歌丸さんに変わってから俄然面白くなり、しょっちゅう観るようになった。ちなみにBS日テレでやっている「BS笑点」(こちらは若手落語家を中心)も、以前から結構お気に入り。
そのせいか、今回の連れの出張土産は「林家木久蔵ラーメン」だった。あら、私、食べたことないのよ。番組ではさんざん不味い、不味いとネタにされているが、さて、そのお味はいかに。


連れには、梅と白ごまのおにぎり。私は余っていたアボカドを食べてしまう。そのほか、キュウリのぬか漬けなど。


林家木久蔵ラーメン。半生の細めの縮れ麺に、昔ながらの東京のしょう油スープがついている。東京っ子には懐かしい感じ。具になるものがなくて、長ネギとソーセージ、海苔を浮かべる。うん、言われているほど不味くはない。ちょっとあっさりしすぎて、脂が少なめなので物足りない人もいるかも。麺の量が多めなのは、いい点だと思う。

おやつ
梅とちりめんじゃこのおにぎり。


肉じゃが。肉は豚こま肉、野菜はジャガイモ(トウヤという品種だった。洞爺湖の洞爺らしい)、ニンジン、タマネギ。おイモが煮くずれないように、ニンジンとタマネギを先に炒めて煮ておいた。
そのほか、スモークサーモン(スライスオニオンを添えて、サラダ菜で巻いて、レモンをかけて食べた。鮭、久しぶり)、ご飯。
デザートに「ステラおばさんのクッキー」(東京の叔母からのいただきもの)、紅茶(ワイルドストロベリーフレーバー)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

鶏の塩だれ焼き(自炊)

在宅仕事。何だか眠たくて、ペースが落ちている。連れは遅くに出張から帰ってきたので、久しぶりにご飯を一緒に食べる。お疲れさまでした。


ご飯、ぬか漬け(キュウリ)、ちりめんと山椒のつくだ煮、おでんの大根と玉子。


梅のおにぎり。あとはアボカドを切って食べたり、だらだら食い。


鶏の塩だれ焼きは生協の商品。解凍してフライパンで焼くだけで簡単だが、ごま油が効いた味付けがわりと好みに合っている。みつせ鶏のもも肉なので、お肉もしっかりしていて美味しい。今日は、せん切りにしたニンジンと一緒に炒め、サラダ菜で巻いて食べる。野菜の補給だ。
そのほか、おでんの大根と玉子、塩辛、ご飯。白いご飯が大好きな連れは、出張先での外食が辛かったらしく、まあパクパクとよく食べていた。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

おでん(自炊)

9月は在宅仕事の繁忙月で、今度は少々大きな仕事が入った。しかし、やる気が出ない。季節の変わり目で、体も重い。そんなときには、温かいものを食べよう。おでんをつくろうと思って、来週の生協の宅配にはおでん種をいろいろと注文したばかり。今日はその予行練習で、出来合いのパックをベースに、大根と玉子だけを足してみた。来週はちゃんとつくるぞ。


冷凍庫にあったパンをトーストにして、ミートソースの残りを添えて食べる。ボリュームはあるけれども、野菜が少ないなあ。いかん。


おでんに大根を追加する過程の中で、パックのおでんを半分食べる。丸天やゴボウ入りの練りもの、昆布など。デザートに、バナナ。


おでん。輪切りの大根は厚く皮をむき、米のとぎ水で下ゆでしたあと、しばし水にさらして(ここがポイントらしい)、おでんだしに入れて煮る。昼間から煮ていたら、いい感じに味も染みこんで旨い。おでんは大根が一番好き。そのほか、こんにゃくや玉子を食べて、残りはまた明日。寝る前に、冷めたおでんだしに半熟ゆで玉子を放り込んでおいた。明日の朝には、味付け玉子になっていることだろう。
そのほか、ご飯、ちりめんと山椒のつくだ煮、ぬか漬け(大根の皮、キュウリ)。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

スパゲティミートソース(自炊)

在宅仕事の納品日。朝に一度仮のデータを送り、日中はその見直しでダラダラ仕事。夕方には終わり、次の仕事に移る。夜、東京の叔母から食料が届いた。すぐに食べられる缶詰や佃煮、乾麺などが入っている。こういう普段使いのものが嬉しいなあ。さっそくトマトソース缶(生協の商品だった。叔母もとっているのか)を使って、今日はスパゲティに。


バナナ。作業をしながら食べられるのは便利だ。そのほか、プルーン入りヨーグルト。


チキンラーメン。ミニサイズ(マグカップでつくれる)に、玉子と長ネギを投入。昨日のチーズピザの残りもチンして食べる。お腹いっぱい。


スパゲティミートソース。冷蔵庫に残っていた合い挽き肉をニンニクと一緒に炒めて、トマトソース缶(きちんとタマネギも入って調味済みのもの)を投入し、しばし煮込んでいる間に麺を茹でて、からめるだけ。まったく、手抜きなミートソースだ。昔読んだミートソースのつくりかたは、牛ひき肉で野菜もたっぷり刻んで赤ワインも入れて1時間煮込んで・・・というものだった気がするが。ひとりご飯なので、この程度でいいよね。
野菜が足りないので、キュウリとナスのぬか漬けも食べる。ミートソースには合わないけど。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

チーズピザ(自炊)

連れは今日から出張。朝早い飛行機に乗るはずが、目が覚めたら出発時刻の10分前。昨夜は私、たしかに目覚ましをかけて寝たはずなのに、と思ったら「ごめん、止めてた」という。あらら。
送り出して、私は家で仕事の続き。締め切りは明日。朝には仮原稿を一度送らなければならず、結構必死。なのに、解凍しておいたピザ生地をのばし始めて、オーブンで焼いて・・・私は何をやっているのだろう?


ご飯、塩辛、梅干し。うーん、目が覚めない・・・。

昼1
梅干しとオカカのおにぎり、ナスのぬか漬け。ぬか漬けはすっかり味が安定してきて嬉しい。

昼2
ホイップあんぱん、りんごカル。いずれも生協の商品(今日は宅配の日だった)。


チーズピザ。前日から冷蔵庫で解凍しておいたピザ生地(これも生協の商品、結構便利)を、半日ほど戸外に出して発酵させておいた。強力粉を打ち粉にして適当に伸ばし(きれいな丸にはできないが、楽しい作業だ)、高温のオーブンで焼く。さらに具を乗せて焼くとピザになるが、今日は具を用意するのが面倒で(なんとも・・・)、切ったソーセージとチーズだけを散らして、実にシンプルなチーズピザにしてしまった。ピザというよりはパンみたい。焼きたてはこれくらいシンプルでも十分美味しいが、あとで冷めたのを食べてみたら、固くなっちゃって大変・・・(結局、レンジでチンした)。
ピザ生地はもう1個分残っているので、今度は連れがいるときに、きちんとつくろう。
そのほか、サラダ菜とスライスオニオンをつまんだり、だらだら食いをしつつ、夜中までお仕事。眠いよう。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

麻婆ナス(自炊)

パソコンに向かい、ひたすら打ち込み。午後はさすがに眠くなり、昼寝もするが・・・。
先日テレビを観ていたら、下宿屋さんのおばあちゃんが、とても美味しそうな麻婆ナスをつくっていた。かなり本格的な味付けの様子で、しかも焼きナスと揚げナスの両方を入れて食感を楽しむという、手の込んだもの。土鍋に盛られて(すごい!)ボリュームたっぷり、男子学生たちがもりもり食べていた。すっかり乗せられて食べたくなり、今夜のメニューに採用。体力と気力がなくて、ナスは揚げナスだけにしたけど・・・。


ご飯、レバニラ、アサリと水菜のお吸いもの、ミョウガのぬか漬け。

昼1
ご飯、カクテキ、納豆(キムチの漬け汁入り)、ミョウガのぬか漬け。

昼2
永谷園の鮭茶漬け。ご飯が少し残っていると、ついお茶漬けが食べたくなる。あられはサクサクしているうちが好き。


麻婆ナス。私は材料を切るのとナスの素揚げを、炒めと味付けは連れが担当した。ナスは高温でからっと揚げ、ひき肉のあんができあがってから絡める程度にしてみた。ひき肉が合い挽きしかなかったので、甜麺醤を多めに使って辛さを抑え、ややあっさりした味わいになり、とても食べやすくて美味しい。が、片栗粉のとろみが薄く(私が用意した水溶き片栗粉の分量が少なかった、ごめん)、からっと揚げたはずのナスにも、あんが染みこんでしまった。ちょっと残念。次回はやる気を出して、焼きナスも入れてみることにしよう。
そのほか、今日は余りものを食べてもらうことにして、レバニラとかアサリ汁とかカクテキで済ませる。もちろん白いご飯も。デザートに、梨。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

レバニラ炒め(自炊)

録りためたビデオを観たり、昼寝をしていたら、夕方「仕事しろ」と言わんばかりに急ぎの仕事が入る。さて、頑張ろう。連れは昼過ぎに「忘れ物をした」とかで一度家に帰ってきた。そのときに買い物も済ませてきてくれていて、助かるわ。というわけで、今日の夕食は(我が家にしては)少し品数が多め。


ご飯、里芋の味噌汁。連れはこれに、鶏すき煮の残りも。


ニラのチヂミ(ソーセージ入り)。今日はやや厚めに焼いてしまい、表面のカリッとした感じがなかったのが残念。ちょっとゆるめに生地を溶いて、薄めに焼いた方が美味しいかも・・・。そのほか、カクテキ、茹でアスパラガス、梨。


レバニラ炒め。鶏レバーを先にタレ(しょう油、酒、みりん、ニンニク、ショウガ)に漬け込んでおき、半ば煮る感じで炒めて、皿にとっておく。ニラはさっと炒めて、皿の上でレバーと混ぜ込んだ。火に向かう体力がない私には、こういうつくり方のほうが楽だわ。
そのほか、焼きナス(ミョウガ、ショウガ添え)、茹でアスパラガス、アサリと水菜のお吸いもの、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

鶏すき焼き風(自炊)

それにしても、昨夜の台風はなかなか強烈だったなあ。これほど強い風は、関東に居たころは経験したことがなかった。我が家は幸いにも何もなかったけれども、市内在住の友人の話や、報道によるとかなりの被害があった様子。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
今日は雨も上がり、連れは一日家で原稿書き、私はオフでごろ寝。のんびり。


ご飯、カクテキ、里芋と鶏肉の煮物、スープの残り。


お蕎麦。乾麺(新潟の「苗場そば」)を茹でて、ざる蕎麦にした。おだしは、煮物の煮汁をベースにつくって、鶏だし風にした。少しこってりして美味しい。薬味にワサビと青ネギ、海苔。


鶏のすき焼き風。鶏肉、糸こんにゃく(さっとゆがいたあと、から煎りしてから煮た)、長ネギ、それに水菜と、あるものを入れただけ。鶏肉はむね肉だったので物足りない、もも肉が食べたい。昨日の煮物と味がかぶっちょるなあ。豆腐がほしい。
そのほか、カマスの干物、里芋とタマネギの味噌汁、ご飯、カクテキ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

里芋と鶏肉の煮物(自炊)

私はオフ。少し家事をやって、あとは昼寝。台風が来ている。連れは九州国立博物館へ、外国から来たお客さんを連れて行くというお仕事だったが、13時30分に閉館になったそうで早く帰ってきた。
ところで昨日の夜中、NHKで「通」という番組を観る。今回は「焼き肉通」の人たちを集めて、さらに焼肉店店長たちのアドバイスなども加えながら、究極の焼き肉の食べ方を指南するという内容。カルビは脂身だけを先に焼く、薄切りのロースはくるくる巻いてから焼く、小腸は皮を先に焼くのが原則等々、通のお方のアドバイスは何とも小うるさいが面白く、そしてメチャクチャ美味しそう。ああ、焼き肉食べたーい!


ご飯、塩辛、ザーサイ、梅干し。寝坊して、連れは先に出かけてしまっていた・・・。


新宿中村屋のインドカレー(レトルト)。何種類かあるそうだが、今日は定番のビーフスパイシー。確かにややスパイシー。ジャガイモが入っとる。
このほか、プレーンヨーグルト、セロリ(味噌マヨネーズ添え)。


里芋と鶏肉の煮物。生シイタケも入れた。煮汁を少なめに、こってり味付けよう・・・と思っていたのに、後のほうで加えた鶏むね肉から余分な水が出て、さらっと上品な味付けになってしまった。お味は悪くないんだけど、濃い味好きの連れは物足りなさそう。うーん。
そのほか、水菜とレタスとセロリのサラダ(ゴマドレッシング)、中華風スープ(水菜、ネギ、ザーサイ、シイタケの石突き)、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

葛そうめん(自炊)

朝から雷がゴロゴロ鳴りつづける不気味な天気。南の海に台風が発生している。しかし午後には雨も小降りに。
今日は私の古い友人が、仕事で連れの職場のすぐ近くに来るというので、午後は連れの出勤に合わせて外出、お茶をする。夕方には帰宅。連れは夜、飲み会だというので、またもやひとりご飯。夜はジャンクフードだったなあ、やる気がでない・・・。


そうめん。神埼の葛そうめんを、連れに茹でてもらう。先日失敗した分のリベンジだ。今回はなかなか上手にできて、つるつるっと、のどごしがいい。極細のそうめんは上品で美味。薬味に青ネギ、ミョウガ、ショウガ、すりゴマ。ゆで玉子と、セロリのぬか漬けも添えた。

昼(おやつ?)
友人とお茶。キャラメルフレーバーのアイスコーヒーをいただく。
東京土産に、榮太樓總本鋪の飴をもらった。ありがとうございます。梅ぼ志飴、抹茶飴、黒飴。特に黒飴が好き。
我が家からのおみやげには、城南区東油山「クリームシェフ」で、焼き菓子と紅茶のシフォンケーキを買う。私は初めて行ったが、近所ではわりと評判のいいお店。福岡三越の地下にも出店しているとか。ながーいロールケーキ(フルーツもたっぷり)など、生菓子も見るからに美味しそう。今度はフレッシュケーキを買いに行こう。


チキンラーメン。玉子とネギを入れて。そのほか、シジミのおつゆの残りも。デザートに、ドナテロウズのジェラート(チョコレート)。
小腹が空いて、夜中にせんべいを、バリバリと。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

セロリと豚肉の辛味炒め(自炊)

在宅仕事は明日納品。だいぶ先が見えてきていたので、のんびりと片付ける。これが終われば、連休は仕事がないので大分楽だ。よしよし。連れは仕事で遅くなり、夜11時を過ぎてに帰ってきた。それから夕食だと、何だかんだと寝るのは遅くなる。すぐ寝ればいいのに、布団に入ってから連れとうだうだしゃべっているのがいかんのね。反省。


ご飯、サツマイモとシイタケと針ショウガの味噌汁、イカの塩辛、カクテキ。


ふかし芋とか、リンゴジュースとか。仕事中はろくすっぽ食べない。いかんねえ。


セロリと豚肉の炒めもの。お肉は豚こま肉。野菜が少なかったので、カクテキ(大根のキムチ)も加えて、塩コショウで味をつけた。炒めものは連れの担当。今日は葉っぱの部分が多く使ったけれども、本当は茎の部分を角切りにして、豆板醤も入れたほうが美味しいだろうなあ。
そのほか、焼きシシャモ、ザーサイ、シジミのお吸いもの、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

イカの塩辛プラスゆずこしょう(買ったもの)

通院日。気候が良くなってきたので体調も良い。が、病院が珍しく混んでいて時間がかかり、帰りに寄ろうと思っていた大橋の讃岐うどん屋「まるこう」には、結局行けずじまい。再来週こそは行けるといいなあ。福岡市の南側にはいろいろと面白いお店が多いが、なかなか食べ歩きができなくて残念。
帰宅して生協の宅配を受け取り、在宅仕事に昼寝。連れは飲み会が入って、ひとりご飯は適当に済ませる。


雑穀入りご飯、鶏ささみフライ、スープの残り。連れはこれに納豆。朝からなかなかボリュームのある食事。


病院でサンドイッチを買って帰り、家でつまむ。中身はツナとトマト&レタス。これだけじゃもちろん足りず、カップ麺「日清具多 雲呑タンメン」も食べる。エビワンタンと野菜が入った塩味スープ。ゆで玉子半個も浮かべた。ワンタンがエビくさい・・・。


生協で注文した、イカの塩辛が届いた。100円の食べきりサイズで甘塩タイプ。イカ塩辛は大好物なのに、食べるのは久しぶり。食べる分だけお皿にとって、今日はこれに、ゆずこしょうを加える。しょっぱくなってしまうけれども、ゆずの香りが簡単に加わって、白いご飯にとてもよく合う。ああ、日本酒が飲みたくなるかも・・・。
そのほか、アボカドサラダの残り、ゆで玉子の残りなど。デザートに、ドナテロウズのジェラート。今夜のはラムレーズン。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

鶏ささみのフライ(自炊)

朝、納品を済ませ(メールで送信)、洗濯などをしながら次の仕事にとりかかる。でも疲れていたのかやっぱり眠くて、昼寝の時間も長くなり・・・。
夜、連れのノートパソコンにトラブル発生。青くなってバックアップをとるが、その後に原因はPCではなくコンセント(タップ)にあることが判明。ほっとしたが、そんなこんなで寝たのは夜2時。眠いよう。


連れは白いご飯に納豆、私は深川丼の残りを食べる。そのほか、ナスのぬか漬け、ミョウガとナスの酢のもの、鶏ささみ入りスープ。


梅肉と白ゴマのおにぎり。昼と夕方に、ひとつずつ食べる。


鶏ささみのフライ。ふつうに塩コショウして、小麦粉・玉子・パン粉をまぶして揚げただけ。我が家では下味の塩を強めにして、食べるときのソースは使わないことが多い。7本もあったので、ふたりでは多すぎるかと思いきや、あっさりした肉は食べやすく、揚げたては特にからっとして美味しいが冷めてもサクサクしていて、連れは夜中に残った分をつまんでいた。肉にチーズをはさんだりシソで巻いたり、衣に粉チーズでも混ぜれば、もっと美味しかったかも。今日はそういう意味では手抜き。
そのほか、アボカドとタマネギのサラダ(ニンニクをきかせたドレッシングで、角切りのアボカドとプレスハム、粗みじん切りのタマネギを和える)、レタスのスープ(ベーコンとレタスと溶き玉子)、雑穀入りご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

深川丼(自炊)

明日は納品、やれやれと思っていたら、さっそく次の仕事が入ってきた。私の在宅ワークは季節労働者のようなもので、9月は繁忙月にあたる。土曜日まではバタバタだなあ。仕方ない。
というわけで、夕食は手軽に丼もの。気の短い江戸っ子にならって、ささっと食べられるもので済ませることに。


ご飯、鶏手羽焼き、サラダ、豆腐とミョウガとワカメのお吸いもの、ぬか漬け(キュウリ、ナス)。ぬか漬けが旨い。少し涼しくなって、ぬか床も安定してきた様子。


そうめん。サラダが少し残っていたので、今日はそれにプレスハムの細切りを加えて具にし、冷たいだしもつくって「ぶっかけ」にする。途中から練りゴマ少々を投入し、ややこってり味に。ゴマ好き。

おやつ
梅のおにぎり。最近、ご飯は少しずつ、分けて食べるようにしている。


深川丼。つくり方はいろいろとあるようだが、今日は冷凍のむき身アサリを使い、具にはタマネギと豆腐を用意。だし汁としょう油を合わせた薄めの丼つゆでタマネギを煮て、アサリの半分と豆腐を加えて少し味を染みこませ、仕上げにアサリの残りを入れて火を通し、ご飯にかけて食べる。ところが、連れ曰く「いかにも冷凍のアサリを使いましたって味」。少々くさみが出てしまっている。味付けにもっと日本酒などを使えばよかった。食べるときには針ショウガと青ネギを多めに飾ったほうがいいようだ。
そのほか、鶏ささみの中華風スープ(連れの作品。シイタケとキムチの汁少々が入っていた。もう少しとろみを付けるといいかも。これ、春雨入れたら合いそう)、ナスとミョウガの即席漬け(塩もみした輪切りナスに、二杯酢プラスおろしショウガ)。今日はあまりおかずがありません・・・。デザートに、梨。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

鶏手羽のスパイス風味焼き(自炊)

私は在宅仕事、連れは飲み会で夕食は済ませてきた。でも、夜中におにぎりを食べたり鶏手羽焼きをつまんだり、ジェラートを食べたりしている。太らない体質なのでいいけど。
夜、福岡のローカルテレビ番組を見ていたら、映画「UDON」の宣伝もあってか、福岡市内のうどん店の特集をしていた。薬院の「福岡麺通団」、舞鶴の「大木戸」、野芥の「唄う!手打ちうどん稲穂」、冷泉町「虹の家」(ななのや、と読むそうだ)、上山門「大地のうどん」。讃岐風もあれば博多風もあるが、いずれもとても美味しそう。ああ、おうどん食べたい、食べたい!


ご飯、ちりめんじゃこ、冷や奴、アボカドとタコのマリネサラダ。サラダは一晩置いたほうが美味しくなっていた。アボカド大好き。


ナスとベーコンのスパゲティ。知人の日記に書かれていたのを読み、たまたま材料があったのでつくる。知人がお店で食べたのはトマト風味だったそうだが、今回、我が家ではオイルベースでつくってみた。ニンニクと鷹の爪を炒めて(鷹の爪は途中で取り出す)、ベーコンを入れて脂を出し、最後にシイタケも投入。パスタの茹で汁少々と鶏ガラスープの素、塩コショウで味付け。スパゲティを投入してからめ、できあがり。
ところが、ぼやぼやしていたらニンニクは焦がすしベーコンは炒めすぎだし、不味くはないが仕上がりの色合いも悪い。やっぱりトマト風味のほうが総合的によさそう。プロが出すものは違うのね。そりゃそうだ。


鶏手羽焼き。連れがスーパーで買ってきてくれた特売品。手羽先の半分(元に近い部分)が30本ほど入っていて、ピリ辛の調味料(パプリカもたっぷり振られ、赤い)で味が付けられている。ガスレンジのグリル部分で両面を焼くだけ。簡単。皮がぱりっとして、後を引く。冷めていても割と美味しく食べられるので、いっぺんに焼いておけば、お弁当などにも重宝しそう。
そのほか、キュウリとタマネギとプレスハムのサラダ、ワカメと豆腐とミョウガのおつゆ、カクテキ、ご飯。デザートに、巨峰。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。