2006年04月30日

「味一番」(袋入りラーメン)

とても蒸し暑い一日。急に暑くなると、弱っている肺がきつい。ひたすら在宅仕事で終わる一日。締め切りは明日だから、今夜はそこそこ頑張らないと。
連れは仕事で北九州・小倉へ。せっかく北九州に行くなら、折尾の駅弁「かしわめし」でも買ってきてほしいなあと思うが、残念ながらちょっと方向が違うとのことで、またの機会に。


ご飯、納豆、キムチ、乾燥シジミとワカメのお吸い物。


ラーメン。生協の「味一番」白湯味に、茹でたチンゲンサイ、茹で玉子、タケノコ、豚バラ肉、ネギを乗せる。このスープは優しいお味で、茹で野菜になかなか合う。ネギは余計だったかな。


さあ、仕事仕事。連れが買ってきてくれたパン(チーズパンとチェリーパイ)をかじったり、梅が枝餅を食べたり、リンゴをむいてもらったり。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

タケノコと松の実のチャーハン(自炊)

天気はいいのに何だか気分が冴えず、仕事も進まず、体調も悪くて、連れにやつあたりする一日。いかんなあ。適当に昼寝をして体力回復。仕事も夜のほうがはかどるわ。さあ、ラストスパート。えっ、世間はゴールデンウイークだったの??


タケノコご飯。しょう油を入れすぎたのか、このご飯、しょっぱい・・・。


しょう油の色が強いタケノコご飯を何とかして食べてしまおうと、チャーハンに加工することに。ニンニクとショウガでご飯を炒めて、玉子も入れて、仕上げに松の実を加える。昔、たしか汐留の中国料理店で、まっ茶色の松の実チャーハンを食べたことがあるけれど、そんなイメージ。うん、なかなか近い感じだ。もっと中国料理に近くなるためには、きっとしょう油から変えなくちゃいけないんだろうけど。


どうしても麺類が食べたくなり、夜はお蕎麦に。海苔を乗せたざる蕎麦にし、つゆには丸天を(栄養だと思って)入れた。おかずとして、イカのゲソ揚げ(生協の商品で、衣がついた状態の冷凍もの。揚げるだけなのでラクチン)、長芋のおろしたの(とろろそば、好き)、薬味にネギ、ゆずこしょう。イカと長芋ですっかりおなかがふくれてしまう。野菜が足りなかったな。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

いなり寿司(自炊)



さて、どうにかしてタケノコを食べなくては。というわけで今日もタケノコづくし。せっかく採ってきてくれた父上、茹でてくれた母上には悪いが、飽きてきた。うーん。
在宅仕事も締め切りが迫っており、連れは飲み会。ああもう、時間がない・・・。


いなり寿司。実は昨日の夕食後につくって、夜食にも食べた。普通、中身は五目寿司だけど、面倒なのでひじきご飯をそのまま詰めてしまった。私はよくやる手だけど、連れは意外な顔をして「思いの外、美味しい」だって。若竹汁も添えて。


いなり寿司の残り。さあ、仕事仕事。


タケノコの煮物。肉を切らしていて、具はタケノコとニンジン、だしをとったあとの昆布と削り節のみ。汁がほとんどなくなるまで炒りつける。そこそこ量も多く煮付けておいて、結局ほとんどを冷凍した。一度味をつけてから冷凍したほうが、家庭では美味しく保存できそうな気がする。
そのほか、タケノコの山椒煮(薄切りのタケノコを、砂糖・酒・しょう油・粉山椒で煮付けた)、タケノコご飯(油揚げ、シメジと一緒に)、タケノコとレタスのスープ(溶き玉子とごま油も入れて、中華風に)。デザートに、はっさく。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

ひじきの炊き込みご飯(自炊)



通院日。検査項目が多いので早く行かなくちゃと思いつつ、朝はしんどい。午後には帰宅、家に帰ってからも生協やら薬局やらの配達が次々と来て、くたびれた・・・。しかも、夜には連れの父上が、山ほどタケノコを持ってきてくれた。ありがとうございます。お返しに何かつくらなくてはと思っていたが、へとへとで夕方ひと眠りしてしまったが最後、何もつくれず、ほとんど手ぶらで帰っていただく羽目に。ああ、至らぬ嫁だ。


ご飯、納豆、餃子の残り、味噌汁の残り。


ちゃんぽん麺。生協の冷凍食品で、鍋で煮るだけ。具もそこそこ入っていて、忙しいときにはとにかく重宝する。先日のあんかけちゃんぽんより美味しい。


ほんとうは、いなり寿司をつくろうと思って昨日から油揚げを煮ておいたのだけど(一晩置くと味が染みて美味しい)、夕方寝入ってしまって、今日の夕食には間に合わず。たくさんつくって、父上に持たせようと思っていたのに・・・。
夕食はメニューを変更し、ひじきの炊き込みご飯にする。生協のレトルトパウチで「ひじきご飯のもと」をベースに、シメジと油揚げの細切りを足して、炊飯器で炊いただけ。ニンジンとかこんにゃくも入っているしお手軽だけど、味が濃い。ひじきの香りも足りない。やっぱり自分でつくったほうがいいわ。
そのほか、若竹汁(さっそくタケノコを使わせてもらう)、焼きナス、しば漬け(生協で買った無着色のもの、大変美味しい)、昨日のアボカドサラダの残り。デザートに、イチゴ。夜中にリンゴをかじる。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

アボカドとシーフードのサラダ(自炊)



今日も在宅仕事。だんだん、締め切りが厳しくなってきた。やばい。
アボカドは私の大好物。果物と思うと実にヘンな食べ物だけれど。今日はシーフードと合わせて、王道の魚介サラダに。いつもは手抜きで、種を取った穴にワサビじょう油を落として食べるとか、アボカド納豆ばかりだからなあ。きちんと料理した気になるわ。


ご飯、スープの残り、納豆、キムチ。


エビチリ丼。昨日のエビチリが少し残っていたので、ご飯の上にちぎったレタスを敷き、チリソースをどんとかけた。お手軽だけど、何かもうひと工夫ほしいかも。


アボカドとシーフードのサラダ。シーフードは冷凍もの(生協で買った「サラダに使えるシーフードミックス」、解凍してそのまま使えるというのが売り。確かに大ぶりに切られていて美味しい)のエビ・イカ・タコ・ホタテ。解凍後にさっと湯通しして、熱いうちにマリネ酢(酢・塩・コショウ・マスタード少々を合わせたもの)をからめておく。あら熱が取れたら、角切りにしてレモン汁をからめたアボカドと合わせ、仕上げにオリーブオイルを振りかけた。酢がよく効いて、私としてはとても満足のいく味付け。ただ、アボカドフリークではない連れには、別に普通な食べ物だった様子。うーん。
そのほか、焼き餃子(出来合いのものを焼いただけ、ニンニクなしで食べやすい)、大根と油揚げの味噌汁、ご飯。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

エビのチリソース煮(自炊)



最近、連れは少し早めに家を出る代わりに早く帰ってくるよう心がけるようにしたそうだ。夕食後に原稿書きの仕事をしたりはするけれども、今まで腹ぺこで待っていた身には助かる。夕食の準備も手伝ってもらえるので、体も楽だし、手も少しかけられる。というわけで、今日は久しぶりに本格中華。エビは下ごしらえがめんどくさくて、普段はあまり食卓に並べないけど、やっぱりきちんと作ると美味しいわ(手抜き主婦生活を少し反省・・・)。


久しぶりにパンを焼く。そのほか、ミートボールとナスのチーズ焼き(トマト風味。ナスは高温でさっと揚げておいたので、色が綺麗)、小アジ南蛮漬けの残り。連れはこれに、バナナまで食べて出かけていった。


スパゲティを茹でて、朝ご飯の残りのチーズ焼きをソースにして、食べてしまう。


エビのチリソース煮。ケチャップ風味の甘いのは苦手なので、ほかのレシピを探してみたところ、オールアバウトのこちらのページを発見。フレッシュトマトを使った「大人のエビチリ」だそうだ。よし、これを参考にしよう。今日はカットトマト缶の残りを代わりに使い、調味料に隠し味でオイスターソース少々を追加。豆板醤もやや控えめにしてみた。ソースは先に作り、さまして片栗粉を混ぜておく。下ごしらえし、粉を振って揚げしたエビと、ソースを炒め合わせて、とろみがつけばできあがり。いやあ、美味しい! 酸味がやや強めだけれど、辛さもすっきりとして、やはり大人な味がする。レタスを添えたが、このレタスとチリソースもよく合うわ。
そのほか、ギョウジャニンニクの炒めもの(初めて食べたが、柔らかいワケギのような感じ。北海道ではアイヌネギと呼ばれ、ジンギスカンに入れるそうだ)、ワンタン風スープ(できあいの餃子とチンゲンサイ、シメジ入り)、ご飯。デザートに、はっさく。お夜食にリンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

カツオのたたき ほか(自炊)



朝から在宅仕事。締め切りまであと1週間、打ち込みも疲れてきたなあ。ひたすら眠気との戦いだわ。
夕食はミートボールとナスのトマトグラタンでも食べようかと思って、ひき肉を丸めて揚げておいたが、連れがいろいろと買い物をしてきてくれて(月曜日は近所のスーパーの特売日)、急いで食べなくちゃならないものを優先する。肉は明日に持ち越し。


ご飯、味噌汁の残り。


ネギトロ山かけ丼。冷凍のマグロすき身は、こういう手軽なお昼ご飯に便利。海苔もたっぷり、青ネギもたっぷり乗せて。キムチも添えて。


カツオのたたき。連れが買ってきてくれたもの。お味はまずまず。もっと薬味をどちゃっと乗せてもよかったかな。
そのほか、小アジの南蛮漬け(一晩漬け込んだら、いい感じにお味が染みて、酢の気も柔らかくなり食べやすい。レタスを添えて)、大根のサラダ、ニラとシメジのかきたま汁、ご飯。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

城南区「パティスリー ボン」(ケーキ)



午前中は家事、午後は在宅仕事。連れは、長年愛用していてついに壊れたデジカメを買い換えるため、外出。今日は下見だけかと思いきや、なんとデジタル一眼レフカメラを買って帰ってきた。確かに連れの仕事では必要なもので、前々から「買うかな」とは話していたけど、びっくり! 早速、数枚試しに撮ってみたら、やっぱり驚くほど綺麗。私が使うことはほとんどないけど(上の写真も、いつものコンパクトデジカメで撮影したものです)、そのうち撮影大会に連れていってもらうことにしよう。季節もいいし、久しぶりに動物園に行きたいなあ。


ご飯、大根とニンニクのスープ、納豆、キムチ。


丸天うどん。うどんは冷凍うどんがひと玉しかなくて、連れと半分こ。具には丸天と青ネギ、シメジ。デザートに、はっさく。

おやつ
連れが買ってきてくれた、毎度おなじみ「パティスリー ボン」のケーキ。今日は定番のショートケーキを私が、モンブランを連れが食べた。甘さ控えめで優しいお味。写真右下のは焼き菓子。


小アジの南蛮漬け。アジは衣が既についている生協の冷凍食品。揚げたてを添付の南蛮酢に漬け込むだけなので簡単だが、この酢が甘すぎ。しょう油や粉唐辛子を足してみたが、イマイチ好みではなかった。野菜はピーマンと青ネギのみ。タマネギを切らしていて残念。
そのほか、タケノコの山椒煮(砂糖としょう油、粉山椒で薄味に煮付ける。不思議な香りになった)、ジャガイモの味噌汁(具はほかにニンジンとタケノコ、青ネギ)、キムチ、いかなごの釘煮、ご飯。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子・デザート系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

豚しゃぶとボイルドレタスのサラダ(自炊)

生協で買ったキムチが、なかなかのヒット。「焼肉屋さんの味」という商品名で、酸味が少なめで辛さもマイルド(白菜は国産、唐辛子は韓国産のを使っていた)、ニンニクも少なめで食べやすい。先日、韓国から来ていたお客さん(女性ふたり)に聞いてみたところ、ひとりは結婚されているお方でキムチは毎年漬けるそうだが、もうひとりの若い女性は独身なので、普段住んでいる部屋では絶対作らず(当たり前か)、たまたまその時期に帰省することがあれば、お母さんが漬けるのを少し手伝う程度とのこと。キムチ休暇というのも、少しずつなくなっている感があるらしい。
今日の夕食は、体調がいまいちのため、連れに手伝ってもらい簡単に済ませた。


ご飯、ちりめんじゃこ、納豆、チンゲンサイのお吸い物。

昼(おやつ)
バナナ。そのほか、チョコリエールなどを適当につまむ。


豚しゃぶとボイルドレタスのサラダ。豚バラ肉を茹でて一口大に切る。レタスは手でちぎって、10秒ほどさっと茹でて、豚肉と一緒にタレ(酢じょう油にオイスターソースを加えたもの)であえる。タレが少し薄かったなあ。私はレタスは火を通したほうが好きだけど、連れは茹でたレタスはあまり好きじゃないみたい。今度はひとりのときに食べることにしよう。
そのほか、大根とワカメとニンニクのスープ(ニンニクをごま油で炒めて水を注ぎ、大根を入れてビーフコンソメと塩で味付け、最後にワカメを入れる)、キムチ、ご飯。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

チヂミ(自炊)

よく寝ていた連れはすっかり復活し、午後から元気に出勤していった。その代わり、私が朝からお腹の調子が悪い。ここ数日の急な気温の変化になじめないのか、それともタケノコの食べすぎか。「ゆたぽん」をお腹にあてて温め、ご飯を食べたらすっかり治る。今日はたまっている在宅仕事に取りかかる。進みが悪いなあ・・・。


ニラ玉雑炊。デザートに、リンゴ。


お雑炊の残り。ちょっと量をつくりすぎたか。


チヂミ。具には豚バラ肉のスライスを炒めてから入れ、シーフードミックス(ホタテ、イカ、エビ、タコ)も加えて、野菜はニラを入れた。粉はチヂミ粉を使う。焼きは連れにお願いしたら、ややお好み焼き風に厚めにしていたので、パリパリ感が少なくて残念。薄く焼いて、薄く!
そのほか、チンゲンサイとワカメのお吸い物風、キムチ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

「味一番」白湯味(袋入りラーメン)

普段は丈夫な連れが、珍しく体調不良でダウン。会議があるといって11時に出勤したものの、午後3時前に家に帰ってきて、そのあとはずっと寝ていた。朝からお腹の調子が悪いとかで、ほとんど食べられないみたい。かわいそうに。果汁や蜂蜜ショウガ入り紅茶などを飲ませて寝かせた。というわけで、私の食事もいいかげん。


ご飯、タケノコとレタスのスープ。


生協で買った、袋入りラーメン「味一番」。ノンフライタイプの麺がしこしことして美味しく、最近お気に入り。今日は白湯味(豚骨と塩味を組み合わせた感じ)、野菜を具にするならこのスープが一番合いそう。具には豚バラスライスとチンゲンサイ、ニラを麺と一緒に茹でて、仕上げにメンマ風タケノコ(昨日の残り)を飾った。ニラはいらなかったな。


ひとり分なので特に何も作らず、ご飯と残っていたスープ、納豆、もずく酢(ショウガ入り)で済ませる。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

タケノコとレタスのスープ(自炊)

今日も在宅仕事。久しぶりにPowerPointでプレゼン用書類をつくる仕事が入るが、さすがにOL時代とは違って、だいぶ使い方を忘れている。絵を加えたりアニメーション効果を付けたりと、パソコン相手に四苦八苦、でも楽しい。
食事は、またもやタケノコ。茹でたものは痛みやすいので、念のため薄く切ってからさっと茹でて調理する。メンマが食べたくなり、味を濃い目に煮付けたものもつくった。さて、お味はいかに。


ご飯、納豆、タケノコのお吸い物(ワカメは入っていなかった)、イカナゴの釘煮。


ニラのチヂミ(韓国風お好み焼き)。冷凍のシーフードミックスがあったので入れたら、手軽に美味しい海鮮チヂミができあがる。韓国のチヂミ粉が非常に優れもので、表面はパリッと、中はもちっと焼けた。こりゃ旨い。


タケノコとレタスのスープ。鶏がらスープをベースにした中華風。スープにタケノコを入れて味を決めたら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を入れる。最後にレタスをちぎって入れ、火を止めてふたをしてしばらく置けば、レタスにちょうど良い具合に火が通る。美味しい。レタスは火を通したほうが好き。
そのほか、マグロの山かけ(ヅケにしておいたマグロに長芋をおろして掛ける。とろ
ろ芋、大好き)、スモークレバーとタケノコの炒めもの(タマネギとシメジも入れたが、青みが足りず色が悪い。ニラでも入れればよかったわ)、タケノコのメンマ風煮(砂糖としょう油で甘辛く味付け。やっぱりタケノコはタケノコで、私の腕ではメンマにはならない)、ご飯。デザートに、はっさく。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

アゲマキのバター焼き(自炊)

日中は外に出て、東区在住の友人Nさんに赤坂まで来てもらい、お茶をする。柔らかな日差しの降り注ぐ中、お濠を眺めるのも気持ちいいわ。夕方には帰宅。夕食は、連れがいろいろと買い物をしてきてくれて(助かるなあ)、おかずの品数が多い食卓となった。そのうえ、タケノコもまだまだある。早く食べないと、うーん。


タケノコご飯の残り。連れにはおにぎりにして、お弁当がわりに持っていってもらっ
た。若竹汁とともに。

昼(お茶?)
赤坂門にあるスターバックスでお茶。温かいキャラメルマキアートで、カロリー摂取。


アゲマキのバター焼き。長さ6cmほどで細長い形をした貝で、身は肉厚、しかも殻にぎっちり詰まっている。旨みがとても濃厚で美味しいが、ちょっと泥臭い感じもあるので、ニンニク&バターで焼いて食べた。これはバターとよく合うわ。美味しい。
そのほか、タチウオの刺身(銀色で綺麗)、マグロの刺身(冷凍品を解凍。1分間流水にさらし、水気をよくふき取って、清潔なふきんで包んで20分間、冷蔵庫の下段に入れておくという手順が袋に書かれていた)、大根とレタスのサラダ、タケノコと鶏手羽の煮物、若竹汁(今晩も連れに作ってもらった)、ご飯。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

タケノコづくし(自炊)



昨夜は帰宅後、連れの実家から電話があり、「タケノコをたくさん茹でたけん、今から持って行くね」。わーい、そろそろ食べたいねと話していたんです、ありがとうございます。なので今日はタケノコづくし。この日のために、テレビ番組「チューボーですよ!」のタケノコご飯の回を録画しておいたのよ。きちんと見直して作る。
仕事は午前中の早い時間に納品を済ませ、昼寝を満喫。ああ、つかの間の幸せ(明日から別の仕事が入ったので・・・)。


ご飯、タケノコの木の芽あえ、厚揚げの味噌汁。木の芽あえは連れの母上が持ってきてくれたもので、タケノコ(固めの部分を薄切り)と甘めに味付けした白味噌、刻んだ山椒の葉を和えたもの。何とも絶妙なお味。


お茶漬け。いかなごの釘煮を添えて。

おやつ(?)
夕方にお腹が空いて、冷凍うどんを茹で、温かいだしとおしょう油少々、ショウガを乗せていただく。


タケノコとニンジンと鶏手羽の煮物。手羽はフライパンで表面を焼き、余った油で乱切りのタケノコとニンジンを炒め、鍋に移して、だしと調味料を加え煮付ける。だしをとるのに使った昆布(角切りに)や削り節も入れてしまったので、見た目はあまり良くないけれど、お味はなかなか。鶏のコクが加わって、ややこってり。
そのほか、タケノコご飯(具はタケノコと油揚げのみ。茹でたフキを入れても美味しいそうだ)、若竹汁(連れの大好物。今日は作るのも頼んだら、お味ばっちり! 偉い!)、手羽焼き(余った手羽を、グリルでただ焼いただけ。味塩コショウをかけて。煮るよりは焼いた方が好き)、タケノコの木の芽和え。デザートに、マンゴー。
ああ、お腹の中から竹が生えてきそう。まだまだ残っているし、数日はタケノコばかりかも・・・。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

赤坂「サラリムナム」(タイ料理)

午後から、能を見に出かける。連れと、連れの知り合いで韓国からいらしたお客さん二人(日本語ペラペラ)が一緒。内容はワークショップ形式の入門編で、最初に「能とは何か」から始まり、舞台の構造や装束の付け方などを丁寧に説明してくれたあと、演目「羽衣」の鑑賞。能初心者の私たちにも楽しめる会だった。
住吉神社の中にある能楽殿は昭和ひと桁の時代に建てられた歴史ある能舞台で、客席は椅子席ではなく座敷、これは全国でも珍しいという。ところが、韓国の方にはこの座敷が辛く、足がしびれたそうで、最後方の椅子席に座ってもらえばよかったと反省。
皆でお茶したあと、帰りは連れと二人で外食。タイ料理レストランなんて、ほんとうに久しぶりだわ。


ご飯、厚揚げとタマネギとニンジンの味噌汁、シシャモ1匹。

昼(お茶)
神社近くのロイヤルホストへ。私はオニオングラタンスープを注文。
お客さんは二人とも女性で、私とは食べ物や韓国ドラマの俳優など、ミーハーな話題で盛り上がる。いつか韓国に遊びに行くぞ!


赤坂、国体道路(けやき通り)沿いにあるタイ料理店「サラ リム ナム」へ。おしゃれなエリアにあるお店で、内装から器までとても凝っていて、雰囲気がいい。デートにぴったり。
アラカルトメニューは種類がとても多くて、あれも食べたい、これも食べたいと悩むところ。結局、揚げ春巻き、トムヤムクン(辛さは選べるので、私たちは唐辛子マーク2つ「まあまあ辛い」で注文)、空芯菜の炒めもの、パッタイ(エビとピーナツの焼きそば)にした。
中でも、トムヤムクンは驚くほど美味。滋味あふれるお味で、体がすっきりと目覚める感じ。しかも私の大好物・パクチー(香菜)が多めで嬉しい。ただし辛さも強めなので、苦手な方はゆるめてもらったほうがいいかも。パッタイはかなり甘めの味付け、私はちょうどよかったが、連れは空芯菜炒めのタレをかけて食べていた。
飲み物は、連れはランブータンジュース、おかわりでグアバジュース。私はポットのジャスミンティーを注文。この青いポットがとても可愛くて、欲しくなった。デザートに、連れはココナッツプリン(デミタスカップのジャスミンティーをサービスしてくれる)。私は歯が悪いのでパス。温かいタピオカココナッツがあれば頼んだんだけど・・・。
ああ、久々に体にパクチーを入れて、生き返った気分だわ。ほんとうに美味しくて、居心地の良いお店だった。また行こうっと。次はヤムウンセン(春雨とエビのサラダ)とカレーを食べるぞ!
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

焼きシシャモ(自炊)

在宅仕事は17日が納品日。でも明日の日曜日は出かけるので、できるだけ今日中に片付けておきたくて、朝からお仕事。連れは昼過ぎから職場に出かけ、夜は飲み会だったので、私の食事も手軽に済ませる。明日は久々の外食だし、今日は質素にいこう。


ご飯、スープの残り、ジャガイモの煮物の残り。


あんかけ焼きちゃんぽん。生協で買った冷凍食品。具に入っているキャベツが、芯の部分ばかり大きくて美味しくない・・・。


焼きシシャモ。グリルで焼くと卵が破裂することが多いので(不器用?)、私はもっぱらフライパンで焼いている。薄く油を敷いて、お酒を少々振って、中火から弱火で両面ゆっくり火を通す。そのままでも、バターしょう油で味を付けても美味しい。
レタスを添えて(今日は生でいただいた)、ご飯と、インスタントのワカメスープで手軽に済ませた。シシャモは明日朝にと思って何匹か取っておいたら、いつのまにか少しずつ本数が減っている。連れがつまみ食いしていたようだ。もうっ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ジャガイモと厚揚げの煮物(自炊)



いま飲んでいる薬の副作用で、ここ1カ月ほど、冷たいものを食べるとメチャクチャ歯にしみる。冷たい飲み物はストローで流し込み、おととい食べたもずくは噛まずに飲み込んだ。冷めたお茶は飲むことができず、歯磨きはぬるま湯ですすいでいる。食いしん坊にはなんとも辛い仕打ちだ。
かといって薬は止められないので、こまめにうがいをしたり、コーティング効果のある洗口剤(ノンアルコールタイプ)を使ってみたり、ガムを噛んだりしている。原因は薬によるカルシウム不足なので、煮干しをバリバリ食べてみたり。ああ、夏までにはなんとか直したいわ。アイスクリームも食べられない夏なんて、ひどすぎる・・・。
というわけで、今日の夕食も温かいメニュー。外も寒いし。


ご飯、納豆、ちりめんじゃこ、乾燥ワカメと海苔のスープ。


スープが余っていたので、冷凍うどんを放り込んで、丸天も追加して食べてしまう。ネギを切らしていたのが残念。


ジャガイモと厚揚げの煮物。ニンジンも入れ、スナップえんどうも飾った。彩りとしてはなかなか綺麗。ところが「ジャガイモは少ない煮汁で蒸し煮にすると、ほくほくして美味しい」という手順を、今日はやりすぎた。見事に半煮えで、ちょっと固い。お腹が空いていたので焦っていたのかも。
そのほか、スモークレバー、ゴボウの漬物(京都の土井志ば漬本舗のもの)、玉子と春雨とスナップえんどうのスープ、ご飯。デザートにペリカンマンゴー。こりゃ甘いわ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

レタス炒め・オイスターソース風味(自炊)

通院日。今日は体も軽く体調も良かったのに、尿検査で「膀胱炎になってますよ」と指摘される(変な話ですみません)。今までも何回か、近いところでは去年の冬もかかったし、くせになっているのかな。幸い自覚症状はないので、薬をきちんと飲んで暖かくして、お茶をよく飲むようにしよう。
連れは飲み会で不在。夕食は、生協で取り寄せた福岡産レタス。これがかなりの大玉なうえ、新鮮で美味しい。さっそく、外葉を炒めて食べることに。


ご飯、ちりめんじゃこ、イカじゃん辛。


サンドイッチ(玉子、ハム、レタス)、りんごカル(ジュース)。

昼その2
夕方お腹が空いて、生協から届いた「あんかけちゃんぽん」なる冷凍食品を温めて食べる。麺と具はちゃんぽんと同じで、少ないスープに強めのとろみがついている感じ。フライパンひとつでできるのは便利。


レタス炒め。大ぶりに手でちぎって強火で炒め、仕上げに塩、コショウ、オイスターソースを回しかける。それだけで十分美味しい。塩の代わりにしょう油と少量の酢でもOK。レタスはさっと茹でてもいい。
そのほか、スモークレバー、もずく酢(おろしショウガ添え)、ご飯。汁物は省略。デザートに、キウイフルーツ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

鳥ハム(自炊)

さあ、在宅仕事もだいぶ進んできた。テープ起こしの仕事だけれども、今つくっているファイルは、完成したらA4サイズで100ページほどにもなる。改行が多いとはいえ、よくもまあ、それだけ打ち込んだものだわ。忙しかったので、夕食は昨日作っておいた鳥ハムや、野菜などあるもので適当に済ませる。明日は生協の宅配が届くが、もう冷蔵庫の中は空っぽに近いかも。


ご飯、納豆、お吸い物の残り。


ツナと小松菜の和風スパゲティ。ちりめんじゃことシイタケも入れて、バターとしょう油、「味塩こしょう」で調味した。麺と具を一緒に炒める感じで作ったので、家庭的なお味になる。ツナでもいいけど、豚バラ肉とかベーコン、ハムのほうがよかったかな。


鳥ハム。やや厚めにスライスして、今日はゆずこしょうを添えて食べた。塩気もちょうどよい。そのほか、キャベツとタマネギのサラダ(しょう油と酢とごま油で味を付けたが、いまいち。これこそ、ゆずこしょうドレッシングにすればよかったかも)、ピーマンとちりめんじゃこのきんぴら風(炒めて、めんつゆと一味唐辛子で味付け。手軽で好き)、小松菜と昆布とシイタケのお吸い物(連れがみりんを入れすぎて、麺つゆみたいな味になっていた)、ご飯。デザートに、はっさく。夜中にリンゴもかじる。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル・創作料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

山椒の実入り麻婆豆腐(自炊)

今日も朝からパソコン仕事、合間で鳥ハムづくりをする。レシピはいつもどおり、オールアバウトのページを参考に。水に漬けて3、4時間ほど塩抜きし、ラップで包んでタコ糸を巻き、炊飯器で1時間半ゆでる。冷めて肉汁が安定するまで置いた方が美味しいので、今日は少しだけ食べて、あとは明日にとっておこう。
夕食のメインディッシュは、山椒の実を入れた麻婆豆腐。これ最高!


バナナ、オールレーズン、りんごカル(ジュース)。


納豆チャーハン。すごい臭いになっちゃった。野沢菜を入れればよかったかも。うーん。


麻婆豆腐。豚ひき肉をニンニク・ショウガと炒め、豆板醤、豆鼓醤、そして冷凍庫に残っていた山椒の実(連れの実家でとれたもの)を加えて、水切りした豆腐を炒め合わせ、鶏がらスープ(水+粉末スープ)で火を通す。仕上げにしょう油、オイスターソース各少々、水溶き片栗粉で味を付ける。今日の味付けは豆板醤が強かったけれど、山椒の実も噛むとぴりりと辛く、香り高い。ご飯に合うわ。連れは大喜びで、ひとりで2合くらいのご飯をぺろっと食べていた。
そのほか、鳥ハム、小松菜とワカメのおつゆ。デザートに、リンゴ。
posted by ルイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国料理・エスニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。